受賞作ドットジェイピー

吉川英治文学新人賞

Wikipedia情報

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与される。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅以上の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近いベテランの受賞者も存在する。比較的選考委員が固定された賞で、最初の17年間はまったく交代がなかった。現在も20年以上連続でつとめる委員が3人を占めている。

受賞作一覧

2021

第42回

2020

第41回

2019

第40回

2018

第39回

2017

第38回

2016

第37回

2015

第36回

2014

第35回

2013

第34回

2012

第33回

2011

第32回

2010

第31回

2009

第30回

2008

第29回

2007

第28回

2006

第27回

2005

第26回

2004

第25回

2003

第24回

2002

第23回

2001

第22回

2000

第21回

1999

第20回

1998

第19回

1997

第18回

1996

第17回

1995

第16回

1994

第15回

1993

第14回

1992

第13回

1991

第12回

1990

第11回

1989

第10回

1988

第9回

1987

第8回

1986

第7回

1985

第6回

1984

第5回

1983

第4回

1982

第3回

1981

第2回

1980

第1回

関連トピックス

第166回「直木賞」“時代もの”W受賞 『氷菓』原作者・米澤穂信氏『黒牢城』 今村翔吾氏『塞王の楯』(オリコン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 大名家の闇は深い……。奥女中の心中の裏に、藩の秘密を感じた蘭方医・宇津木新吾が事件の真相を追う!(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 吸血鬼って何? 恩田陸の答え 新著「愚かな薔薇」 - 東京新聞 中井貴一さん、隈研吾さんが共感!浅田次郎さんの待望の最新作『母の待つ里』発売決定。読めば大切な人に今すぐ会いたくなる? - PR TIMES 【本日オンデマンド配信スタート!】芥川賞・直木賞をもっと楽しむ特別講座!異色の文学対談特集【NHKカルチャーオンライン講座】 - PR TIMES ブックウオッチング:『愚かな薔薇』 恩田陸さん - 毎日新聞 乱読御免:司馬作品の技量とロマン=今村翔吾 - 毎日新聞 【期間限定】伊坂幸太郎さん最新刊『ペッパーズ・ゴースト』の一部無料試し読み実..(株式会社朝日新聞出版 プレスリリース) - 財経新聞 芥川賞に砂川文次氏、直木賞に今村翔吾氏&米澤穂信氏 いずれも3回目の候補で受賞 - マイナビニュース