受賞作ドットジェイピー

小説現代新人賞

Wikipedia情報

小説現代新人賞(しょうせつげんだいしんじんしょう、1963年 - 2005年)は、講談社が主催していた公募新人文学賞。ジャンルを問わずに中短編小説を募集し、受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作は講談社発行の小説誌『小説現代』に掲載された。2006年より小説現代長編新人賞に改組された。
第1回(1963年) 中山あい子 「優しい女」
第2回(1964年) 長尾宇迦 「山風記」
第3回(1964年) 八切止夫 「寸法武者」
第4回(1965年) 竹内松太郎 「地の炎」
第5回(1965年) 伏見丘太郎 「悪い指」
第6回(1966年) 五木寛之 「さらばモスクワ愚連隊」、藤本泉 「媼繁昌記」
第7回(1966年) 淵田隆雄 「アイヌ遊侠伝」
第8回(1967年) 佐々木二郎 「巨大な祭典」
第9回(1967年) 高橋宏 「ひげ」
第10回(1968年) 岩井護 「雪の日のおりん」

受賞作一覧

2005

第73回

2004

第72回

2003

第71回

2002

第70回

2001

第69回

2000

第68回

1999

第67回

1998

第66回

1997

第65回

1996

第64回

1995

第63回

1994

第62回

1993

第61回

第60回

1992

第59回

第58回

1991

第57回

第56回

1990

第55回

第54回

1989

第53回

第52回

1988

第51回

第50回

1987

第49回

第48回

1986

第47回

第46回

1985

第44回

1984

第40回

1983

第39回

1981

第37回

第36回

1980

第35回

第34回

1979

第33回

第32回

1978

第31回

第30回

1977

第29回

第28回

1976

第27回

1975

第25回

第24回

1974

第23回

第22回

1973

第21回

第20回

1972

第19回

第18回

1971

第17回

第16回

1970

第15回

第14回

1969

第13回

第12回

1968

第11回

第10回

1967

第9回

第8回

1966

第7回

第6回

1965

第5回

第4回

1964

第3回

第2回

1963

第1回

関連トピックス

『群像』編集長・戸井武史が語る、文芸誌と社会 「“時代”への問題意識を表現できる媒体に」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース ラジオマンが行きたい伝説の店「渡辺貞夫さんの笑顔が少年のよう」〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 【締切間近!】『スワン』で文学賞W受賞、呉勝浩さんのオンライントークショーを開催! 新世代ミステリ作家の創作の秘密に迫ります。 - カドブン 読売新聞×中央公論新社~連載小説の全てを語る - 読売新聞 ビートたけしの名言集「ドロップアウトして大学を辞めるまで」 - めるも 文学者で、教師で、翻訳者…須賀敦子という「日本文学史の特異点」はいかにして生まれたのか - 文春オンライン 山里亮太の妄想ドラマにテレ東・深夜ドラマ史上最も豪華な女優が集結(オリコン) - Yahoo!ニュース 見たい、知りたい!今月のイベント―2020年9月 | デザイン情報サイト - ジャパンデザインネット 芥川賞「破局」勝ち組男子の空っぽな心と2人の女性 | ベストセラーを歩く | 重里徹也 - 毎日新聞 女に説教したがる男、災害時にパニックを起こすエリート、「徒歩」の歴史…幅広いテーマに切り込む作家、レベッカ・ソルニットの魅力(2020年9月18日) - BIGLOBEニュース 【一聞百見】令和の時代を軽やかに 万葉集もエッセーも 奈良大学教授・上野誠さん - 産経ニュース イッセー尾形「感染対策して大阪発の新ネタやります!」 - ウォーカープラス 史上最高の「スポーツ映画」30選 - マイナビニュース 【ニューエンタメ書評】伊東潤『囚われの山』、佐々木譲『図書館の子』ほか(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース ビートたけしの名言集「マヌケなタイトルを調べてくれ」 - ニフティニュース 長澤まさみのドラマ&映画オススメまとめ【コメディから世界で評価された名作まで】 - ガジェット通信 不倫芸能人に「謝れ」と怒る人とSNSで「いいね」を欲しがる人はダブっている(2020年9月14日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース