受賞作ドットジェイピー

小説現代新人賞

Wikipedia情報

小説現代新人賞(しょうせつげんだいしんじんしょう、1963年 - 2005年)は、講談社が主催していた公募新人文学賞。ジャンルを問わずに中短編小説を募集し、受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作は講談社発行の小説誌『小説現代』に掲載された。2006年より小説現代長編新人賞に改組された。
第1回(1963年) 中山あい子 「優しい女」
第2回(1964年) 長尾宇迦 「山風記」
第3回(1964年) 八切止夫 「寸法武者」
第4回(1965年) 竹内松太郎 「地の炎」
第5回(1965年) 伏見丘太郎 「悪い指」
第6回(1966年) 五木寛之 「さらばモスクワ愚連隊」、藤本泉 「媼繁昌記」
第7回(1966年) 淵田隆雄 「アイヌ遊侠伝」
第8回(1967年) 佐々木二郎 「巨大な祭典」
第9回(1967年) 高橋宏 「ひげ」
第10回(1968年) 岩井護 「雪の日のおりん」

受賞作一覧

2005

第73回

2004

第72回

2003

第71回

2002

第70回

2001

第69回

2000

第68回

1999

第67回

1998

第66回

1997

第65回

1996

第64回

1995

第63回

1994

第62回

1993

第61回

第60回

1992

第59回

第58回

1991

第57回

第56回

1990

第55回

第54回

1989

第53回

第52回

1988

第51回

第50回

1987

第49回

第48回

1986

第47回

第46回

1985

第44回

1984

第40回

1983

第39回

1981

第37回

第36回

1980

第35回

第34回

1979

第33回

第32回

1978

第31回

第30回

1977

第29回

第28回

1976

第27回

1975

第25回

第24回

1974

第23回

第22回

1973

第21回

第20回

1972

第19回

第18回

1971

第17回

第16回

1970

第15回

第14回

1969

第13回

第12回

1968

第11回

第10回

1967

第9回

第8回

1966

第7回

第6回

1965

第5回

第4回

1964

第3回

第2回

1963

第1回

関連トピックス

異例のシリーズものでの受賞! 小説現代長編新人賞〈奨励賞〉「Cocoon」著者・夏原エヰジインタビュー!!(Book Bang) - Yahoo!ニュース Topics:『小説現代』『文芸』の刷新 小説誌の新たな挑戦 脱連載、読み切り 生き残り模索 - 毎日新聞 和歌と恋が煌めく源実朝の物語――第32回小説すばる新人賞受賞作『言の葉は、残りて』著者・佐藤雫さんインタビュー | 「インタビュー(本・小説)」一覧 | 「特集(本・小説)」 - カドブン 「第28回橋田賞」に岡田准一ら 新人賞は田中圭&広瀬すず - マイナビニュース この小説の主人公は「文学」そのものです(Book Bang) - Yahoo!ニュース 『晴れ、時々くらげを呼ぶ』鯨井あめ/講談社/6月15日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介 - HON.jp News Blog 砂川文次「臆病な都市」/松原俊太郎「ほんとうのこといって」 - 西日本新聞 相沢沙呼さんが読んできた本たち 作家の読書道:第215回|好書好日 - asahi.com ブックウオッチング:『流人道中記』 浅田次郎さん - 毎日新聞 容疑者佐藤健、刑事阿部寛に追い詰められる!『護られなかった者たちへ』映画化決定 - 映画の時間編集部 サワコの朝【角田光代▽希望を小説にのせて】[解][字] - tbs.co.jp K―POPのルーツ描いた小説と「運命の出会い」 翻訳家の岡裕美さん - 聯合ニュース 「読書メーターおすすめランキング」第1位! 垣谷美雨『うちの父が運転をやめません』発売即重版決定! | 「ニュース」プレスリリースの最新情報 | 「ニュース」本・小説の最新情報、試写会・プレゼント情報 - カドブン 日吉の丘の牢獄|美しい暮らし(幻冬舎plus) - Yahoo!ニュース 新型コロナ騒動で注目されるイタリア古典文学 変わらぬ人間心理の妙:イザ! - iza(イザ!) K―POPのルーツ描いた小説と「運命の出会い」 翻訳家の岡裕美さん(聯合ニュース) - Yahoo!ニュース 江戸時代に100万円で離婚を手伝ってくれる公事宿が存在していた?(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 【大阪特派員】書き、磨く大阪文学学校 山上直子 - 産経ニュース 医学の進歩は幸せなのか――医療と社会の未来をブラックユーモアたっぷりに描く7篇『黒医』(Book Bang) - Yahoo!ニュース 【時代のサカイ目】RAD・野田洋次郎&GReeeeNから現代社会にエール! NHK朝ドラで“3時代の音楽家”が融合 - ZAKZAK 窪田正孝、朝ドラ『エール』“男性主演”意識せず「一番の顔はふみちゃん」 - マイナビニュース 「あの若さで何者?」伊藤健太郎の朝ドラ演技に反響、”売れたい…”宿し続けた野心を役柄に昇華:紀伊民報AGARA - 紀伊民報 アート界の未来を担う作家たちのエネルギッシュな祭典 『VOCA展2020』レポート - music.jpニュース