受賞作ドットジェイピー

第31回大宅壮一ノンフィクション賞

Wikipedia情報

大宅壮一ノンフィクション賞(おおやそういちノンフィクションしょう)は、大宅壮一の業績を記念して、各年のすぐれたノンフィクション作品を表彰する文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、株式会社文藝春秋が運営する。対象は、前年1月1日から12月31日までに発表されたもので、選考会は4月中旬、贈呈式は6月中旬。第44回までは書籍のみが対象であったが、第45回以降は書籍部門と雑誌部門の二部門制となった。正賞は100万円、副賞は日本航空国際線往復航空券。作品は『文藝春秋』6月号に掲載される。副賞100万円。過去の受賞作としては、賞が設立された1970年から一般投票形式に変わる2016年までの78の受賞作中、文藝春秋から発行された作品が42作品と5割以上を占める。 2017年より「大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞」に改称し、一般読者からの投票を受け付ける形式に変更してノンフィクション作品の支持拡大を図ったが、「思うように成果が上がらなかった」として、通算第50回の2019年から元の名称と選考方法に戻した。

受賞作一覧

2000

第31回

関連トピックス

大宅壮一ノンフィクション賞に春日太一さんの「鬼の筆」 - 産経ニュース 春日太一による脚本家・橋本忍の評伝「鬼の筆」が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(コメントあり) - 映画ナタリー 春日太一さんの『鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折』が、第55回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞 ... - 時事通信ニュース 春日太一さんの『鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折』が、第55回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞 ... - mapion.co.jp 大宅賞に春日太一さん - au Webポータル 春日太一の『鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折』が第55回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞 - BCN+R - BCN+R 「私たちの時代の闘い方の欠陥が描かれている」元日本赤軍・重信房子も納得の“内ゲバ”映画の自問<新左翼運動は、なぜ道を ... - 文春オンライン