受賞作ドットジェイピー

第25回岸田國士戯曲賞

Wikipedia情報

岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。 1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年に新潮社の岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。創設時の名の通り新劇の作家に与えられる賞として始まったが、1960年代後半からは脱新劇的傾向のある小劇場作家も多く受賞するようになっていった。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。 最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。

受賞作一覧

1981

第25回

関連トピックス

女優・松本紀保が岸田國士戯曲賞受賞作で初プロデュースに挑戦! - ウォーカープラス いしかわ秋の芸術祭 文化絢爛 ヨーロッパ企画第43回公演 「来てけつかるべき新世界」金沢公演|イベント - テレビ金沢