受賞作ドットジェイピー

岸田國士戯曲賞

Wikipedia情報

岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。 1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年に新潮社の岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。創設時の名の通り新劇の作家に与えられる賞として始まったが、1960年代後半からは脱新劇的傾向のある小劇場作家も多く受賞するようになっていった。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。 最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。

受賞作一覧

2020

第64回

2019

第63回

2018

第62回

2017

第61回

2016

第60回

2015

第59回

2014

第58回

2013

第57回

2012

第56回

2011

第55回

2010

第54回

2009

第53回

2008

第52回

2006

第50回

2005

第49回

2004

第48回

2003

第47回

2001

第45回

2000

第44回

1999

第43回

1998

第42回

1997

第41回

1996

第40回

1995

第39回

1994

第38回

1993

第37回

1992

第36回

1991

第35回

1989

第33回

1988

第32回

1986

第30回

1985

第29回

1984

第28回

1983

第27回

1982

第26回

1981

第25回

1980

第24回

1979

第23回

1978

第22回

1976

第20回

1974

第18回

1972

第17回

1971

第16回

1970

第15回

1969

第14回

1968

第13回

1966

第12回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1960

第6回

1958

第4回

1956

第2回

関連トピックス

小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2022』 対談企画第四弾、谷賢一との対談が公開 - http://spice.eplus.jp/ 関西演劇界の時代、取り戻せるか 有志で賞とサイトを創設 - 朝日新聞デジタル 『妖精の問題』を京都でリクリエーションする、市原佐都子(Q)にインタビュー~「固定化された見方から、外れようとする視点を受け取って欲しいです」 - http://spice.eplus.jp/ 「シアターコモンズ'22」がリアルとリモートで開催。7つのプログラムと2つのフォーラムを展開(美術手帖) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 芥川賞作家・柳美里さんが手掛ける「演劇アトリエを、小劇場兼ミニシアターへ全面改修するプロジェクト」実施中 - PR TIMES 「旅屋おかえり」安藤サクラが描く役者像「想像と違う自分に」朝ドラ「まんぷく」は「得がたい特別な時間」 - ニフティニュース 昨年好評を博した、サンリオピューロランドとのコラボ企画「VIVA LA VALENTINE」リバイバル配信&上映会(ショーつき)開催決定 - PR TIMES 渡辺えり、演劇への覚悟が闘病の抵抗力に…30歳過ぎて子宮内膜症、更年期障害そして52歳で扁桃膿腫克服 - auone.jp