受賞作ドットジェイピー

岸田國士戯曲賞

Wikipedia情報

岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)とは、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。 1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年に新潮社の岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。 最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。 受賞作品一覧 第1回から第10回 第1回(1955年) - 該当作なし 佳作 - 矢代静一 『壁画』 第2回(1956年) - 大橋喜一 『楠三吉の青春』、小幡欣治 『畸形児』 第3回(1957年) - 該当作なし 佳作 - 生活を記録する会・劇団三期会 『明日を紡ぐ娘たち』 第4回(1958年) - 堀田清美 『島』 第5回(1959年) - 該当作なし 佳作 - 福田善之『長い墓標の列』、原源一『漁港』、広田雅之『友情舞踏会』 第6回(1960年) - 小林勝 『檻』、早坂久子 『相聞』 第7回(1961年) - 該当作なし 第8回(1962年) - 宮本研 『日本人民共和国』、『メカニズム作戦』、八木柊一郎 『波止場乞食と六人の息子たち』、『コンベヤーは止まらない』 第9回(1963年) - 山崎正和 『世阿彌』 第10回(1964年) - 人見嘉久彦 『友絵の鼓』、菅龍一 『女の勤行』 辞退 - 福田善之 『袴垂れはどこだ』 第11回から第20回 第11回(1965年) - 該当作なし 第12回(1966年) - 川俣晃自 『関東平野』、広田雅之 『砂と城』 第13回(1968年) - 別役実 『マッチ売りの少女』、『赤い鳥の居る風景』 第14回(1969年) - 秋浜悟史 『幼児たちの後の祭り』に至るまでの諸作品の成果 第15回(1970年) - 唐十郎 『少女仮面』 第16回(1971年) - 佐藤信 『鼠小僧次郎吉』 第17回(1972年) - 井上ひさし 『道元の冒険』 第18回(1974年) - つかこうへい 『熱海殺人事件』、清水邦夫 『ぼくらが非情の大河をくだるとき』 第19回(1975年) - 該当作なし 佳作 - 石澤富子『木蓮沼』 第20回(1976年) - 石澤富子 『琵琶伝』 第21回から第30回 第21回(1977年) - 該当作なし 第22回(1978年) - 太田省吾 『小町風伝』、ちねんせいしん 『人類館』 第23回(1979年) - 岡部耕大 『肥前松浦兄妹心中』 第24回(1980年) - 斎藤憐 『上海バンスキング』 第25回(1981年) - 竹内銃一郎 『あの大鴉、さえも』 第26回(1982年) - 山崎哲 『漂流家族』、『うお伝説』 第27回(1983年) - 野田秀樹『野獣降臨(のけものきたりて)』、山元清多『比野置(ピノッキオ)ジャンバラヤ』、渡辺えり子『ゲゲゲのげ』 第28回(1984年) - 北村想 『十一人の少年』 第29回(1985年) - 岸田理生『糸地獄』 第30回(1986年) - 川村毅 『新宿八犬伝 第一巻-犬の誕生-』 第31回から第40回 第31回(1987年) - 該当作なし 第32回(1988年) - 大橋泰彦 『ゴジラ』 第33回(1989年) - 岩松了 『蒲団と達磨』 第34回(1990年) - 該当作なし 第35回(1991年) - 坂手洋二 『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』 第36回(1992年) - 横内謙介 『愚者には見えないラ・マンチャの王様の裸』 第37回(1993年) - 宮沢章夫 『ヒネミ』、柳美里 『魚の祭』 第38回(1994年) - 鄭義信 『ザ・寺山』 第39回(1995年) - 鴻上尚史 『スナフキンの手紙』、平田オリザ 『東京ノート』 第40回(1996年) - 鈴江俊郎 『髪をかきあげる』、松田正隆 『海と日傘』 第41回から第50回 第41回(1997年) - 松尾スズキ 『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』 第42回(1998年) - 深津篤史 『うちやまつり』 第43回(1999年) - ケラリーノ・サンドロヴィッチ 『フローズン・ビーチ』 候補作 岩崎正裕 『それを夢と知らない』 鐘下辰男 『貪りと瞋りと愚かさと』 土田英生 『きゅうりの花』 内藤裕敬 『手の中の林檎』 長谷川裕久 『花冠の大陸』 第44回(2000年) - 永井愛 『兄帰る』 候補作 天野天街『くだんの件』 泊篤志『IRON』 土田英生『その鉄塔に男たちはいるという』 はせひろいち『ダブルフェイク』 長谷川裕久『堕天の媚薬』 第45回(2001年) - 三谷幸喜 『オケピ!』 候補作 土田英生 『錦鯉』 蟷螂襲 『舟歌。

受賞作一覧

2020

第64回

2019

第63回

2018

第62回

2017

第61回

2016

第60回

2015

第59回

2014

第58回

2013

第57回

2012

第56回

2011

第55回

2010

第54回

2009

第53回

2008

第52回

2006

第50回

2005

第49回

2004

第48回

2003

第47回

2001

第45回

2000

第44回

1999

第43回

1998

第42回

1997

第41回

1996

第40回

1995

第39回

1994

第38回

1993

第37回

1992

第36回

1991

第35回

1989

第33回

1988

第32回

1986

第30回

1985

第29回

1984

第28回

1983

第27回

1982

第26回

1981

第25回

1980

第24回

1979

第23回

1978

第22回

1976

第20回

1974

第18回

1972

第17回

1971

第16回

1970

第15回

1969

第14回

1968

第13回

1966

第12回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1960

第6回

1958

第4回

1956

第2回

関連トピックス

9PROJECT vol.13『熱海殺人事件』 - 1973初演版 - 演劇史に輝く名作・幻の“初演版”を脚色なしで上演 - http://spice.eplus.jp/ <松尾スズキ>大竹しのぶとの二人芝居「今考えると震えあがる」 WOWOW「大人計画 怒涛の7カ月大特集」放送(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「半沢直樹」岸田戯曲賞作家・佃典彦が「とてもじゃないけど、書けない台詞」とは?「かなりショッキング」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 落下するコアラ、ワニの洗髪屋…劇作家・藤田貴大が描く初の小説とは(ananweb) - Yahoo!ニュース 地点×松原俊太郎「君の庭」開幕、新たな映像演出を加えたオンライン版も配信開始(公演レポート) - ナタリー いよいよWOWOWで9/25(金)から放送!「大人計画 怒涛の7カ月大特集」松尾スズキにインタビューを敢行! - PR TIMES 岸田賞受賞の松原俊太郎、天皇制描く新作 地点が上演 - 朝日新聞デジタル 「地点」新作、劇場とオンラインで - 毎日新聞 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 人類史 |お得な公演チケットサイト Confetti - カンフェティ 松尾スズキ、大人計画作品の怒涛の特集放送に「みんなもう50代近くになって、彼らの20代前半の映像を見たことない人にはすごい貴重だと思う」 - music.jpニュース 「半沢直樹」群を抜く“発掘力”名古屋の演劇人・佃典彦らが話題に!7年ぶり続編もファン魅了の起用続々 - auone.jp