受賞作ドットジェイピー

菊池寛賞

Wikipedia情報

菊池寛賞(きくちかんしょう)は、日本文学振興会が主催する、文芸・映画など様々な文化分野において業績をあげた個人や団体を表彰する賞。 もとは菊池寛の提唱で、年配の作家の業績をたたえるために1939年(昭和14年)2月に制定されたもので、文学賞であった。46歳以上の文壇功労者の作家が表彰対象となり、45歳以下の作家・評論家が選考委員を務めた。これは戦争のため6回で中止となったが、戦後、菊池の没後1952年(昭和27年)に復活。そのとき受賞対象が文芸以外の分野に広げられた。 正賞として時計、副賞として100万円が授与される。

受賞作一覧

2021

第69回

2020

第68回

2019

第67回

2018

第66回

2017

第65回

2016

第64回

2015

第63回

2014

第62回

2013

第61回

2012

第60回

2011

第59回

2010

第58回

2009

第57回

2008

第56回

2007

第55回

2006

第54回

2005

第53回

2004

第52回

2003

第51回

2002

第50回

2001

第49回

2000

第48回

1999

第47回

1998

第46回

1997

第45回

1996

第44回

1995

第43回

1994

第42回

1993

第41回

1992

第40回

1991

第39回

1990

第38回

1989

第37回

1988

第36回

1987

第35回

1986

第34回

1985

第33回

1984

第32回

1983

第31回

1982

第30回

1981

第29回

1980

第28回

1979

第27回

1978

第26回

1977

第25回

1976

第24回

1975

第23回

1974

第22回

1973

第21回

1972

第20回

1971

第19回

1970

第18回

1969

第17回

1968

第16回

1967

第15回

1966

第14回

1965

第13回

1964

第12回

1963

第11回

1962

第10回

1961

第9回

1960

第8回

1959

第7回

1958

第6回

1957

第5回

1956

第4回

1955

第3回

1954

第2回

1953

第1回

関連トピックス

菊池寛賞に宮部みゆきさんや三谷幸喜さんらが受賞 - nhk.or.jp 三谷さん「大衆考える創作者に」 菊池寛賞贈呈式:中日新聞Web - 中日新聞 羽生結弦氏「身が引き締まる。挑戦はまだ続きます」 菊池寛賞贈呈式にビデオ出演 - DAILYSUN NEW YORK 羽生結弦氏 菊池寛賞贈呈式でビデオメッセージ「全ての選択に意味を持たせたい」 - Au Webポータル 三谷幸喜氏 縮れ毛丸めがねで菊池寛を完全再現で受賞「ここまでした受賞者がいたでしょうか?」 - Au Webポータル 『映像の世紀バタフライエフェクト』は「祈りたくなる番組」 ナレーター・山根基世が明かす緊張 - マイナビニュース 三谷幸喜氏 菊池寛そっくり笑い誘った 中学生時代から「似ている」 - デイリースポーツ 三谷幸喜氏、眼鏡&髪型パーマで文豪“菊池寛”を再現 会場に笑い&池上彰氏もイジる - 福島民報 プレゼント:【アンコールプレゼント】柳田邦男 著「この国の危機管理 失敗の本質」 - 毎日新聞 相談や教育対応が必要 赤ちゃんポスト構想に小池知事 - 47NEWS 羽生結弦「報われない努力もある」 希望と絶望の連続だったスケート人生 - 福島民報 キャラバンカーで絵本の楽しさを届ける、講談社「おはなし隊」がGAPとコラボレーション! ―― 社会貢献と集客を同時に実現|講談社SDGs by C-station - 講談社SDGs by C-station 「織田作之助青春賞」に22歳・菊池フミさん 東京外国語大3年(毎日新聞) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 情報7daysニュースキャスター[字] “紙一重パス”で大逆転!!悲願のベスト8へ - tbs.co.jp