受賞作ドットジェイピー

林真理子

Wikipedia情報

林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日 - )は、日本の小説家、エッセイストである。本名、東郷 眞理子(とうごう まりこ)。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。 山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。 コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される。 林は現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。 書店の娘として生まれ、幼少時から大量の本を読む。また、宗教学者・中沢新一は実家が近所で、林の本屋によく通っていたという。また高校時代には山梨放送のオーディションに合格し、DJを務めた事もある。

受賞作一覧

1998

第32回吉川英治文学賞

1995

第8回柴田錬三郎賞

1986

第94回直木賞

関連トピックス

鈴木保奈美、林真理子のこれから「定年夫の世話、子育て…家族中心から〈私ファースト〉へ!」(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース スタイリストの草分けは「若者ファッション」どう思う? 原由美子の意見 - アエラドット 朝日新聞出版 林真理子、101歳の母を遠距離介護で見送り…別れ際に、かけてくれた“ある言葉” - ニフティニュース 仕事と家庭の両立は自信ナシ? 夏帆「結婚するとどうなんですかね」 - アエラドット 朝日新聞出版 甲州ワインビーフの絶品赤身肉と山梨ふき味噌を甲斐ノワールで、田崎真也「グリーンペッパーのような香りの赤ワインにあう」 - 鉄道チャンネル ジビエ先進県 山梨の鹿肉ミートボールにマッチするワイン、田崎真也の極意 - 鉄道チャンネル 綿矢りささん「生のみ生のままで」に島清恋愛文学賞 女性の同性愛テーマの恋愛小説、2年連続受賞|好書好日 - asahi.com 週刊文春2020年3月5日号 | 最新号 - 文春オンライン 放送終了後も人気の「恋愛ドラマ」とは?ドラマファンから高評価を集める国内恋愛ドラマ10選 - FILMAGA by Filmarks