受賞作ドットジェイピー

第16回日本トンデモ本大賞

Wikipedia情報

日本トンデモ本大賞(にほんトンデモぼんたいしょう)は、日本で前年度に刊行された数多の書物の内でもっともトンデモないもの、すなわち最高のトンデモ本を選んでしまおうという企画である。と学会で選定した数冊のノミネート本のほか、一般投票で候補作として推薦された本のうち、最も多くの票を集めた本が大賞となる。 第1回は1992年に日本SF大会の一コーナーとして行なわれ、第2回以降はこれをきっかけに発足したと学会によって、やはり主に日本SF大会の一部として開催されてきたが、2003年からは同団体主催の独立したイヴェントになっている。 選考方法・投票の傾向 前年で一年間に発売された書籍の中から「特にトンデモないもの」数冊がノミネートされる。第22回までの選考権者は会長の山本弘。 会長はじめ運営委員を中心とするメンバーによって座談会形式のプレゼンテーションが行われ、ノミネート作の紹介の後それ以外の本も紹介される。大賞受賞作は会場の観客の投票によって決定され、ノミネート作以外にも(当日紹介されていないものも含めて)投票することができる(ノミネート外の作品が次点となったこともある)。

受賞作一覧

2007

第16回