受賞作ドットジェイピー

コリン・グリーンランド

Wikipedia情報

コリン・グリーンランド(Colin Greenland、1954年5月17日 - )は、イギリスのSF作家、SF批評家。1982年に処女作がFaber&Faber社のコンテストで第2位を獲得。代表作として知られる1990年の長編SF小説Take Back Plentyは、アーサー・C・クラーク賞、イースターコン(Eastercon)賞、英国SF協会賞を受賞した。 最初に出版されたグリーンランドの著書は、彼の博士論文「The Entropy Exhibition : Michael Moorcock and the UK New Wave」(エントロピー展 マイケル・ムアコックとイギリスのニュー・ウェーブ)をベースにした1983年のニュー・ウェーブ批評である。 小説分野でもっとも成功したものは、代表作Take Back Plentyをはじめとし、続編としてSeasons of Plenty (1995年)、The Plenty Principle (1997年) 、Mother of Plenty (1998年)が書かれたPlentyシリーズである。 小説以外の仕事では、ノンフィクションを発表しており、またサイエンス・フィクション財団(Science Fiction Foundation)での活動や、雑誌『インターゾーン』(Interzone)の編集委員もしている。 マイクロコン(Microcon)では、1988年、1989年、1993年、1994年の4度に渡ってゲストスピーカーをした。 妻は作家のスザンナ・クラークで、1996年から共に暮らしている。 ニール・ゲイマンとは親友で、ゲイマンの謝辞ページでしばしば言及されている。

受賞作一覧

1992

第22回英国SF協会賞

1991

第5回アーサー・C・クラーク賞

関連トピックス

宮内敦士ら日本語吹き替え声優陣が作品の魅力を熱弁 『グリーンランド』特別コメント - リアルサウンド 巨大隕石襲来!ジェラルド・バトラー主演ディザスター大作『グリーンランドー地球最後の2日間ー』の日本語吹替声優から、アツい思いが込められたコメント到着! | PONYCANYON NEWS - PONYCANYON NEWS NBA 2021-22シーズンの開幕ロスターが発表 | NBA日本公式サイト | The official site of the NBA - Sporting News JP