受賞作ドットジェイピー

亀井俊介

Wikipedia情報

亀井 俊介(かめい しゅんすけ、1932年8月14日 - )は日本の比較文学者、アメリカ文学者、アメリカ大衆文化研究者、東京大学教養学部名誉教授、岐阜女子大学教授。 来歴・人物 岐阜県中津川市生まれ。新制岐阜県立中津高等学校から東京大学文学部英文科卒、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了。はじめ詩人を目指していたが、米国留学後、1963年東大教養学部助教授、84年教授、93年定年退官、名誉教授、東京女子大学教授、2003年岐阜女子大学教授。師の一人に島田謹二がいる。1971年に『近代文学におけるホイットマンの運命』で日本学士院賞を受賞している。 著書多数あり、アメリカ大衆文化に詳しく、性革命に関する著作もあり、『マリリン・モンロー』を出したときは、東大教授が岩波新書から出したというので話題になった。 司馬遼太郎の愛読者でもあり、新潮文庫版の『峠』や『アメリカ素描』の解説を書いている。また日本女子大学教授だった妻亀井規子(旧姓山名、規子の父は法学者の山名寿三)の死後、遺著「ヴィクトリア朝の小説」(研究社)を刊行している。

受賞作一覧

2017

第17回日本詩人クラブ詩界賞

1994

第21回大佛次郎賞

1977

第25回日本エッセイスト・クラブ賞