受賞作ドットジェイピー

倉本聡

Wikipedia情報

『』より : 倉本 聰(くらもと そう、戸籍上は1935年1月1日(実際は1934年12月31日)- )は、日本の脚本家・劇作家・演出家。本名山谷馨。夫人は女優の平木久子(演劇集団 円所属)。 東京府(現・東京都)出身。父・山谷太郎(1899年 - 1952年)は春潮という俳号を持つ俳人で、『野鳥歳時記』(1943年)を残した。両親はともにクリスチャンだった。 戦時中は山形市上山市や岡山県金光町に疎開。このうち、上山への疎開は政府が実施した学童集団疎開によるもので、都会育ちの倉本は大きなカルチャーショックを受けた。東京に帰りたいと考えた倉本は仮病を使って数か月後には東京に戻ることに成功した。この体験は、『北の国から』の最初の連続シリーズにおいて、純が東京に帰りたがって起こす行動のヒントにしたと記している。 また、金光へは1945年4月から1年間、一家6人で疎開していた。 豊島師範附属小学校(現・東京学芸大学附属小金井小学校)から麻布中学校・高等学校を経て東京大学文学部美学科卒業。

受賞作一覧

1987

第36回小学館児童出版文化賞

1982

第26回エランドール賞

1981

第36回毎日映画コンクール

関連トピックス

点描画 迫る自然観 盛岡で「倉本聰の世界展」、来月15日まで - 岩手日報 50年の報道写真を一冊に 川崎区在住・藤田さん | 川崎区・幸区 | タウンニュース - タウンニュース 「やすらぎの刻〜道」都会暮らしの反動で原始人生活に魅了され、月給8万円に感動する若者よ…第32週 - ニコニコニュース 沢尻エリカ逮捕の激震で、ケチのついた大河ドラマ。1年ものは見直し時である <沢尻エリカ逮捕報道関連>(各局) - J-CASTニュース