受賞作ドットジェイピー

村上龍

Wikipedia情報

村上 龍(むらかみ りゅう、本名:村上 龍之助、1952年〈昭和27年〉2月19日 - )は、日本の小説家・映画監督・脚本家。血液型はO型 長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、福生の米軍キャンプで麻薬とセックスに溺れる退廃的な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。同作は100万部を売り上げた。ベストセラー作家として、村上春樹とともに時代を代表する作家と目された。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『69 sixty nine 』『トパーズ』『五分後の世界』『半島を出よ』などがある。 作家活動以外にも、『トパーズ』『KYOKO』など自作による映画の製作・監督を行なう、TV番組 『Ryu's Bar 気ままにいい夜』『日経スペシャル カンブリア宮殿』のホストを務める、一時期入れ込んでいたキューバ音楽のCDのプロデュースを行う、などマルチに才能を発揮した。 エッセイやメールマガジンを通して政治経済や社会問題に対して積極的にコメントしている。 2000年より約18年間芥川賞選考委員を務めていたが、2017年に開催された第158回を以て退任した。

受賞作一覧

2005

第58回野間文芸賞

第59回毎日出版文化賞

2000

第36回谷崎潤一郎賞

1997

第49回読売文学賞

1996

第24回平林たい子文学賞

1981

第3回野間文芸新人賞

1976

第75回芥川賞

第19回群像新人文学賞