受賞作ドットジェイピー

渡辺美佐子

Wikipedia情報

渡辺 美佐子(わたなべ みさこ、1932年10月23日 - )は、日本の女優。東京都港区麻布出身。 実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となり、卒業後は劇団新人会に入団。同期に愛川欽也、杉田弘子、穂積隆信、安井昌二がいる。ブレヒトの『家庭教師』で初舞台を踏む。 1953年、『ひめゆりの塔』で映画デビュー。その後、日活と契約。 1958年、『果しなき欲望』で、ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞する。 1969年、新人会を退団後、自身が中心となって新人会の元団員たちと演劇集団「兆」を結成したが後に解散。フリーとなって映画、舞台、テレビドラマと幅広く活躍。特にテレビドラマでは橋田壽賀子脚本作品にたびたび出演している。 1982年7月に井上ひさし作による一人芝居『化粧』に出演する。一幕劇であったが、上演成果を見た井上がもう一幕を書き加えて、同年12月の再演以降は『化粧 二幕』となった。以後、ライフワークとして長年に渡って全国で上演され続け、フランス、アメリカなどで海外公演も行われたが、2010年5月9日の座・高円寺での公演をもって演じ納めとなった。

受賞作一覧

2015

第40回菊田一夫演劇賞

1987

第35回日本エッセイスト・クラブ賞

1959

第9回ブルーリボン賞