受賞作ドットジェイピー

第159回芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2018

第159回

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 甲類焼酎ばかり飲んでいる芥川賞作家の日記がおもしろい――『一私 ... - ニコニコニュース 【文藝春秋 目次】芥川賞発表 受賞作全文掲載 高橋弘希「送り火」/清原和博独占手記/両陛下最後の8月15日 - 文春オンライン 私が芥川賞作家になったのは 爺さんと将棋指したから - 朝日新聞 第159回『芥川賞・直木賞』発表 - asahi.com 芥川賞・直木賞、受賞者エッセー 高橋弘希さん、島本理生さん - asahi.com 芥川賞候補者の一番長い日密着 そのときスマホが鳴った - 朝日新聞 芥川賞選考委員「美しい顔、盗用ではない」 厳しい声も - 朝日新聞 第159回芥川賞・直木賞 高橋弘希さん「送り火」…フィクションの醍醐味示す 島本理生さん「ファーストラヴ」…抑制利いた文章力が決め手 - 産経ニュース 芥川賞「うれしいっちゃうれしい」 受賞の高橋弘希さん - 朝日新聞 芥川賞に決まって 高橋弘希 「記者会見中、心拍数120超えていた。たぶん」 - 産経ニュース