受賞作ドットジェイピー

芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞(あくたがわしょう)は、芸術性を踏まえた一篇の短編あるいは中編作品に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。掌編小説には授与されたことがない。

受賞作一覧

2022

第167回

第166回

2021

第165回

第164回

2020

第163回

第162回

2019

第161回

第160回

2018

第159回

第158回

2017

第157回

第156回

2016

第155回

第154回

2015

第153回

第152回

2014

第151回

第150回

2013

第149回

第148回

2012

第147回

第146回

2011

第144回

2010

第143回

2009

第141回

第140回

2008

第139回

第138回

2007

第137回

第136回

2006

第135回

第134回

2005

第133回

第132回

2004

第131回

第130回

2003

第129回

第128回

2002

第127回

第126回

2001

第125回

第124回

2000

第123回

第122回

1999

第120回

1998

第119回

1997

第117回

第116回

1996

第115回

第114回

1995

第113回

1994

第111回

第110回

1993

第109回

第108回

1992

第107回

第106回

1991

第105回

第104回

1990

第103回

第102回

1989

第100回

1988

第99回

第98回

1987

第97回

1986

第94回

1985

第92回

1984

第90回

1983

第88回

1981

第85回

第84回

1980

第82回

1979

第81回

1978

第79回

第78回

1977

第77回

1976

第75回

第74回

1975

第73回

第72回

1974

第70回

1973

第69回

第68回

1972

第67回

第66回

1971

第64回

1970

第63回

第62回

1969

第61回

1968

第59回

第58回

1967

第57回

第56回

1966

第54回

1965

第53回

1964

第51回

第50回

1963

第49回

1962

第47回

第46回

1961

第44回

1960

第43回

1959

第41回

1958

第39回

第38回

1957

第37回

1956

第35回

第34回

1955

第33回

第32回

1954

第31回

1953

第29回

第28回

1952

第26回

1951

第25回

1950

第23回

第22回

1949

第21回

1945

第20回

1944

第19回

第18回

1943

第17回

第16回

1942

第14回

1941

第13回

第12回

1940

第11回

第10回

1939

第9回

第8回

1938

第7回

第6回

1937

第5回

第4回

1936

第3回

1935

第1回

関連トピックス

C大阪・酒本アンバサダー 芥川賞作家が親戚だった 衝撃事実に松井市長ら驚く(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 太宰治「弱いものいぢめてはいけません」、手紙見つかる…怒らせた師・佐藤春夫にわび状(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 朝採れやけん、おいしかですよ 青来有一|好書好日 - 好書好日 多和田さんが最終候補 全米図書館の翻訳文学部門 - サンスポ 多和田葉子さんが全米図書賞の最終候補に(共同通信) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 不安、不満に寄り添う「純文学」が静かに広がる[文芸書ベストセラー](Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 自分史が密かなブーム! まずは「誰に向かって書くのか?」を自分に問うべし【「自分史」書き方道場】(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 作家・平野啓一郎氏「気持ち悪いとしか言いようがない」賛否両論のまま実施した国葬と政府に私見(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 鈴木涼美×島田雅彦×宮台真司『ギフテッド』鼎談【前篇】「娘を使って自己実現を図ろうとする行為は毒親的でありつつ私小説的」 - リアルサウンド 中上健次の人間味 捉え - 読売新聞オンライン 福島県双葉町に創作活動の拠点 劇作家で演出家の谷賢一さんが移住 12月に新作上演 福島の今を発信(福島民報) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 平野啓一郎氏、自殺報道について私見「原因となったいじめやブラック企業を放置していいはずがないだろう」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 感心したり、ニヤついたり、やがて物語世界に引き込まれ――(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 加藤シゲアキ、作家デビュー10周年で記念本「売れないと、編集の方の異動がかかっている」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 新井満さん歌で追悼 西条で市民コンサート 秋川さんら「石鎚山」熱唱 - 47NEWS 気さくな人柄 函館でもしのぶ アントニオ猪木さん死去 | 2022/10/3 函館新聞社/函館地域ニュース - e-HAKODATE 「身体は一つだから書く方を選んだ」 注目作家くどうれいんが綴る日々 『虎のたましい人魚の涙』が刊行(CREA WEB) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「釣り」の魅力はどこに? 開高健が遺した釣りエッセイ『魚心あれば 釣りエッセイ傑作選』【書評】(ダ・ヴィンチWeb) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 《玄侑宗久の色眼鏡》改めて治水のこと…『流域治水』小さく負けながら大敗しない(福島テレビ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース クリープハイプ・尾崎世界観「絶対サビは高いところに」などのフォーマットを壊したかった曲 - J-WAVE NEWS オトバンク、金原ひとみさんの最新作「デクリネゾン」を音声化 - WorkMaster(ワークマスター) - WorkMaster 【ヤクルト】尾崎世界観7年ぶり始球式「めちゃくちゃ緊張。立った瞬間、真っ白」もノーバン投球(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 我が家のテーブルに居座り、私の感情を揺さぶってくるアイツら<アナコラム・本間智恵> - テレ朝POST