受賞作ドットジェイピー

芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2020

第162回

2019

第161回

第160回

2018

第159回

第158回

2017

第157回

第156回

2016

第155回

第154回

2015

第153回

第152回

2014

第151回

第150回

2013

第149回

第148回

2012

第147回

第146回

2011

第144回

2010

第143回

2009

第141回

第140回

2008

第139回

第138回

2007

第137回

第136回

2006

第135回

第134回

2005

第133回

第132回

2004

第131回

第130回

2003

第129回

第128回

2002

第127回

第126回

2001

第125回

第124回

2000

第123回

第122回

1999

第120回

1998

第119回

1997

第117回

第116回

1996

第115回

第114回

1995

第113回

1994

第111回

第110回

1993

第109回

第108回

1992

第107回

第106回

1991

第105回

第104回

1990

第103回

第102回

1989

第100回

1988

第99回

第98回

1987

第97回

1986

第94回

1985

第92回

1984

第90回

1983

第88回

1981

第85回

第84回

1980

第82回

1979

第81回

1978

第79回

第78回

1977

第77回

1976

第75回

第74回

1975

第73回

第72回

1974

第70回

1973

第69回

第68回

1972

第67回

第66回

1971

第64回

1970

第63回

第62回

1969

第61回

1968

第59回

第58回

1967

第57回

第56回

1966

第54回

1965

第53回

1964

第51回

第50回

1963

第49回

1962

第47回

第46回

1961

第44回

1960

第43回

1959

第41回

1958

第39回

第38回

1957

第37回

1956

第35回

第34回

1955

第33回

第32回

1954

第31回

1953

第29回

第28回

1952

第26回

1951

第25回

1950

第23回

第22回

1949

第21回

1945

第20回

1944

第19回

第18回

1943

第17回

第16回

1942

第14回

1941

第13回

第12回

1940

第11回

第10回

1939

第9回

第8回

1938

第7回

第6回

1937

第5回

第4回

1936

第3回

1935

第1回

関連トピックス

芥川賞・直木賞作家に加え尾崎世界観・松井玲奈ら25人の書き手が2020年の風景を切りとり、短編小説書き下ろし「小説 トリッパー」25周年記念号 - music.jpニュース 平野啓一郎氏 河野太郎防衛相に「大臣としての資質を完全に欠いている」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 金原ひとみが生々しく綴る、パリと東京で暮らした2年間。 - Pen-Online 前進座座友・丸橋恒夫さん死去 95歳 誤嚥性肺炎による呼吸不全のため(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 発売即増刷!芥川賞作家&芸人・又吉直樹のお薦め絵本『ママはかいぞく』(カリーヌ・シュリュグ著/光文社刊) (2020年5月21日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース アサヒカメラ、7月号で休刊へ 日本最古の総合カメラ誌 - 朝日新聞デジタル 「何かが変なパリにて」~ロックダウン後のパリノート(3) - 読売新聞 大友啓史監督×綾野剛×松田龍平『影裏』ブルーレイ&DVD発売決定 映像特典にメイキング(シネマトゥデイ) - Yahoo! - Yahoo!ニュース 徳島テーマに 掌編小説コンクール - 毎日新聞 「作家はちょうど木のようなものです」 野呂邦暢のラジオ脚本 諫早図書館で公開(長崎新聞) - Yahoo! JAPAN 健康的に生きることは正しい。でも… 「アンソーシャル ディスタンス」な男女を描いた芥川賞作家が伝えたいこと - BuzzFeed Japan 【書評】又吉直樹とせきしろの句は、痛痒いような不思議な味わい 『蕎麦湯が来ない』(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース 波瑠、ラブホテル経営者の一人娘役 桜木紫乃氏の直木賞作品映画化 - auone.jp いまだ女性の若さに価値を置く風潮を豪快に吹き飛ばす物語――藤野可織さん『ピエタとトランジ〈完全版〉』(本がすき。) - Yahoo!ニュース “自分が渡す食べ物を食べてもらえない”主人公の物語がリアリティーを失わない凄さ(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 週ひがの好きな本をただ紹介する04 誰も戦争を教えてくれなかった 古市憲寿 - http://w-higa.com/ 阿波しらさぎ文学賞 9月12日授賞式にゲスト作家 凪良ゆうさんらトーク - 徳島新聞 中村哲氏が慕った伯父…60年前に自死した作家「火野葦平」に今、学ぶべきこと - アエラドット 朝日新聞出版 にじさんじフミがバーチャル読書会を配信 テーマは「コンビニ人間」 - Mogura VR 突き抜けた妄想力に魅了される、村田沙耶香の短編集。|特集|Culture|madameFIGARO.jp(フィガロジャポン) - フィガロジャポン YouTubeの映画祭We Are Oneで楽しめる日本映画5選 - Time Out Tokyo BMWがクリーン・エネルギー自動車の大幅価格改定、最大55万円オフ - 環境ビジネスオンライン 文豪のどうかしてる“逸話”ツイートに13万いいね、漱石や芥川の意外な一面も紹介「身近に感じて」 - 岩手日報 あのころ、映画があった 再発見!日本映画 狂った果実 裕次郎初主演の太陽族映画 映倫誕生のきっかけに - 中部経済新聞 「エール」裕一を救う天才作詞家は劇作家・ノゾエ征爾 朝ドラ初出演「至福なヒトトキ」文筆家オーラで起用 - スポニチアネックス Sponichi Annex セブンルール【世界的賞で日本人初快挙の水中写真家!超貴重ジュゴン撮影に密着】[字][解]|番組情報|TNC テレビ西日本 - tnc.co.jp 江夏豊の球宴9連続奪三振 ベンチで展開された人間模様(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース