受賞作ドットジェイピー

芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2021

第163回

2020

第162回

2019

第161回

第160回

2018

第159回

第158回

2017

第157回

第156回

2016

第155回

第154回

2015

第153回

第152回

2014

第151回

第150回

2013

第149回

第148回

2012

第147回

第146回

2011

第144回

2010

第143回

2009

第141回

第140回

2008

第139回

第138回

2007

第137回

第136回

2006

第135回

第134回

2005

第133回

第132回

2004

第131回

第130回

2003

第129回

第128回

2002

第127回

第126回

2001

第125回

第124回

2000

第123回

第122回

1999

第120回

1998

第119回

1997

第117回

第116回

1996

第115回

第114回

1995

第113回

1994

第111回

第110回

1993

第109回

第108回

1992

第107回

第106回

1991

第105回

第104回

1990

第103回

第102回

1989

第100回

1988

第99回

第98回

1987

第97回

1986

第94回

1985

第92回

1984

第90回

1983

第88回

1981

第85回

第84回

1980

第82回

1979

第81回

1978

第79回

第78回

1977

第77回

1976

第75回

第74回

1975

第73回

第72回

1974

第70回

1973

第69回

第68回

1972

第67回

第66回

1971

第64回

1970

第63回

第62回

1969

第61回

1968

第59回

第58回

1967

第57回

第56回

1966

第54回

1965

第53回

1964

第51回

第50回

1963

第49回

1962

第47回

第46回

1961

第44回

1960

第43回

1959

第41回

1958

第39回

第38回

1957

第37回

1956

第35回

第34回

1955

第33回

第32回

1954

第31回

1953

第29回

第28回

1952

第26回

1951

第25回

1950

第23回

第22回

1949

第21回

1945

第20回

1944

第19回

第18回

1943

第17回

第16回

1942

第14回

1941

第13回

第12回

1940

第11回

第10回

1939

第9回

第8回

1938

第7回

第6回

1937

第5回

第4回

1936

第3回

1935

第1回

関連トピックス

芥川賞、直木賞を凌駕…「本屋大賞」が絶大に支持される理由 | 富裕層向け資産防衛メディア - 幻冬舎ゴールドオンライン 『破局』遠野遥は、文芸界のニュースターだ! 新芥川賞作家を書評家・豊崎由美がメッタ褒め(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ) - Yahoo!ニュース 芥川賞作家の中村文則さんは、デビ… - 福井新聞 【文藝春秋 目次】芥川賞受賞発表 受賞作品二作全文掲載 高山羽根子・遠野 遥/コロナ・サバイバル/渡辺明、藤井聡太を語る | 文藝春秋2020年9月号 - 文春オンライン 第163回芥川賞・直木賞を振り返る 吉田修一さん、宮部みゆきさんが講評|好書好日 - 好書好日 受賞作の読み方がわからない…ラジオマン「芥川賞・直木賞」の思い出〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 直木賞と芥川賞の受賞作の特設コーナー 朗月堂書店 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版 - 山梨日日新聞 女子大生による芥川賞選考会、実作者ではない人が作品を評価する意義 - ダイヤモンド・オンライン 沖縄の失われた歴史が見えてくる芥川賞受賞作 『首里の馬』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 芥川賞の「首里の馬」販売始まる 沖縄で大きな反響 - 沖縄タイムス 芥川賞受賞エッセー「土俵だらけ」 高山羽根子さん - 朝日新聞デジタル かな文字にこだわり、83歳の前衛精神 芥川賞から7年、黒田夏子さん新刊 - 朝日新聞社 母の死契機、小説に「別の楽しさ」 芥川賞候補の劇作家・石原燃さん:朝日新聞デジタル - 朝日新聞社 寄稿:「首里の馬」で第163回芥川賞を受賞 作品を書いて恩返し=高山羽根子さん(作家) - 毎日新聞 大庭出身の遠野さん芥川賞に 気鋭の若手「初詣は寒川神社に行く」 | 寒川 | タウンニュース - タウンニュース 『火花』の受賞はどう決まった?芥川賞にまつわる“事件”の舞台裏 - ダイヤモンド・オンライン 高城晶平、こだま両氏が推薦!芥川賞ノミネート作家の乗代雄介氏が長年書き継いだ伝説のブログが待望の書籍化!『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』発売 - PR TIMES 芥川賞を受賞 藤沢出身の遠野さん | 海老名・座間・綾瀬 | タウンニュース - タウンニュース 遠野さん『破局』芥川賞に 大庭出身 平成生まれの新鋭 | 藤沢 | タウンニュース - タウンニュース ~すべての虫さされに、ドラマがある~ 芥川賞作家羽田圭介が挑む、初の虫さされ小説『#虫さされ文学』公開 - アットプレス(プレスリリース) 【芥川賞に決まって】母からの短いライン 高山羽根子 - 産経ニュース 芥川賞作家の楊氏インタビュー 新型コロナ拡大の原因は「中国共産党」 - 産経ニュース 芥川賞作品を実写化 映画「おらおらでひとりいぐも」11月公開|NNNニュース - 日テレNEWS24 『ななにー』稲垣吾郎、芥川賞受賞作家・高山羽根子氏とトーク - ドワンゴジェイピーnews 【芥川賞作家・又吉直樹による恋愛エッセイを映画化】渡辺大知、奈緒、仲野太賀出演「僕の好きな女の子」全国に公開拡大のためのクラウドファンディングスタート! - PR TIMES 芥川賞作家・綿矢りさの小説を通して羽田圭介「俺、恋愛してないな…」 (2020年7月27日) - エキサイトニュース ピース又吉、仲良し芸人と“次期芥川賞作家”を輩出!? YouTubeチャンネルを開設 - ENCOUNT 90代小説家に「50歳からの勉強法」を学ぶ(ハルメクWEB) - Yahoo!ニュース 中村文則の書斎のつぶやき:コロナから逃げる政権 - 毎日新聞 ワーケーションと文士(8月2日) | 福島民報 - 福島民報 何かに生かされていると思いなさい──五木寛之流「不安な日々」の乗り越えかた - Forbes JAPAN 太宰治の死をきっかけにライスカレーを100人前注文した坂口安吾……作家たちの“仰天エピソード”(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 東出昌大、イメージ最悪でもオファーは急増!? 杏の「温情離婚」で許された!? - Business Journal 又吉直樹による恋愛エッセイを映画化!『僕の好きな女の子』全国に公開拡大のためのプロジェクトを開始 - COCONUTS