受賞作ドットジェイピー

芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2019

第161回

第160回

2018

第159回

第158回

2017

第157回

第156回

2016

第155回

第154回

2015

第153回

第152回

2014

第151回

第150回

2013

第149回

第148回

2012

第147回

第146回

2011

第144回

2010

第143回

2009

第141回

第140回

2008

第139回

第138回

2007

第137回

第136回

2006

第135回

第134回

2005

第133回

第132回

2004

第131回

第130回

2003

第129回

第128回

2002

第127回

第126回

2001

第125回

第124回

2000

第123回

第122回

1999

第120回

1998

第119回

1997

第117回

第116回

1996

第115回

第114回

1995

第113回

1994

第111回

第110回

1993

第109回

第108回

1992

第107回

第106回

1991

第105回

第104回

1990

第103回

第102回

1989

第100回

1988

第99回

第98回

1987

第97回

1986

第94回

1985

第92回

1984

第90回

1983

第88回

1981

第85回

第84回

1980

第82回

1979

第81回

1978

第79回

第78回

1977

第77回

1976

第75回

第74回

1975

第73回

第72回

1974

第70回

1973

第69回

第68回

1972

第67回

第66回

1971

第64回

1970

第63回

第62回

1969

第61回

1968

第59回

第58回

1967

第57回

第56回

1966

第54回

1965

第53回

1964

第51回

第50回

1963

第49回

1962

第47回

第46回

1961

第44回

1960

第43回

1959

第41回

1958

第39回

第38回

1957

第37回

1956

第35回

第34回

1955

第33回

第32回

1954

第31回

1953

第29回

第28回

1952

第26回

1951

第25回

1950

第23回

第22回

1949

第21回

1945

第20回

1944

第19回

第18回

1943

第17回

第16回

1942

第14回

1941

第13回

第12回

1940

第11回

第10回

1939

第9回

第8回

1938

第7回

第6回

1937

第5回

第4回

1936

第3回

1935

第1回

関連トピックス

芥川賞作家・村田沙耶香が放つ、文学史上最も危険な短編集『生命式』発売前に「緊急増数」決定! - PR TIMES 【新刊紹介】気になる人を追い続けた、芥川賞受賞作:今村夏子著『むらさきのスカートの女』 - Nippon.com 辺野古抗議、芥川賞作家の控訴棄却 米軍の違法性認めず - 朝日新聞 芥川賞作家の室井光広さん死去…64歳 - 読売新聞 芥川賞作家の上田岳弘さん 11月明石でトークショー - 神戸新聞 恐いもの大好き芥川賞作家・藤野可織×「事故物件住みます芸人」の松原タニシの豪華共演!「幽霊」や「怪談」の面白さを語り尽くす! | 「対談(本・小説)」一覧 | 「特集(本・小説)」 - カドブン 日本の最高文学賞作家、嫌韓世論に「強制徴用判決文読め」(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース 芥川賞作家がトーク 上田岳弘さん、サイン会も 明石・来月2日 /兵庫 - 毎日新聞 芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』が問いかけるもの 倉本さおり×矢野利裕 対談【前編】 |Real Sound|リアルサウンド ブック - リアルサウンド 廃墟ホテルにハント…「幽霊を見たい」と願う芥川賞作家の怪談コラム - ananweb たけし 純文学作品の発表間近「来年の直木賞、芥川賞の両方を取る」 - ニフティニュース たけし「第一短篇集『純、文学』」出版 直木賞と芥川賞受賞してノーベル文学賞も - デイリースポーツ ビートたけしが文学賞を狙う 森昌行氏のサポートなしで映画監督は厳しい? - livedoor 「芥川賞は、私に下さいまするやう」生誕110年、太宰の手紙 : エンタメ・文化 : ニュース - 読売新聞 又吉 執筆業は順調も吉本興業との契約は「変えようとは思っていない」 - インフォシーク ピース又吉直樹 自身3作目は初の長編、初の新聞連載「自分に一番近い小説」 - インフォシーク 綾野剛 映画「楽園」は「作り手にナイフを突き付けられている感覚」 - アエラドット 朝日新聞出版 「“楽園”を作ってほしい」瀬々敬久監督が最新作に込めた想いを語る特別映像が解禁! - Movie Walker 3分でわかるキーワード 10日夜発表! 「ノーベル文学賞」 - www.fnn.jp 作家・開高健の思い出や人柄語る 没後30年 新潟でシンポ - 新潟日報 ピースに広がる格差…又吉直樹は新刊話題、綾部は渡米の壁 - 女性自身 絵ばなし:昭和傑作列伝 丸元淑生『秋月へ』 曽祖父の背中の夢 - 毎日新聞 福山雅治「これは運命です」 石田ゆり子と25年ぶりの共演 | Daily News - Billboard JAPAN 明屋書店創立80周年記念 又吉直樹氏朗読会 参加者募集 - 愛媛新聞 福山雅治、“同い年”石田ゆり子とのラブストーリーでの初共演は「運命」 - Movie Walker 会津街道の歴史紹介 中山義秀作品と関わり...文学館で企画展 - 福島民友