受賞作ドットジェイピー

第161回芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2019

第161回

関連トピックス

古井由吉さん死去 芥川賞作家、82歳 - 時事通信ニュース 「陸上の港」が物流の世界にもたらす革新|トップリーダー X 芥川賞作家対談 第2回 - Forbes JAPAN 芥川賞・直木賞の贈呈式 受賞者がスピーチ - NHK NEWS WEB 作家誕生 芥川賞・古川真人さん 勉強嫌いの少年がいかにして小説を書くようになったのか - 毎日新聞 - 毎日新聞 芥川賞の初候補になった2人の作家に、文学との向き合い方を聞いてみた - SankeiBiz 古川さん「いろんな人の声を聞かねば」 都内で芥川賞・直木賞贈呈式 - 西日本新聞 又吉直樹、芥川賞選考委員前に恐縮 - 朝日新聞社 「韓国の芥川賞」発表断念 主催社に作家反発「搾取だ」 - 朝日新聞 「あいにく小説のレシピはない」 芥川賞受賞の古川真人さん - 産経ニュース 「内向の世代」の代表的作家 古井由吉さん死去 - NHK NEWS WEB 直木賞『熱源』・芥川賞『背高泡立草』がワンツーフィニッシュ 文芸書週間ランキングを考察(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 【BOOK】肩肘張らず、今後もオタオタあわあわ 方言を文字にすると、どう書けるかを模索 芥川賞受賞・古川真人さん『背高泡立草』 - ZAKZAK 戦後ドイツの不都合な真実を暴いた、現役弁護士作家のベストセラー小説を映画化 6月公開&予告完成 - インフォシーク 盛岡で「森荘已池」展 岩手初の直木賞作家の生涯たどる - 盛岡経済新聞 古井由吉さん死去 - 時事通信ニュース 20年前の傑作を初文庫化!「読書メーターおすすめランキング」で堂々2位獲得! 木原音瀬が描く、BLを超越する愛の物語『嫌な奴』が講談社文庫から大好評発売中!【初回限定特典・特別書き下ろし短編付き】 - 時事通信 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『夏物語』――38歳女性の精子提供による出産決意と葛藤を描く『乳と卵』続編 〈BOOKSTAND〉 - アエラドット 朝日新聞出版 BiSHのモモコグミカンパニーが、今一番会いたかった作家の頭の中を大解剖! 村田沙耶香『丸の内魔法少女ミラクリーナ』刊行記念スペシャルインタビュー【前編】(Book Bang) - Yahoo!ニュース 人間そのものがミステリー。綾野剛と松田龍平が表情の奥を覗きこませる『影裏』(杉谷伸子) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 映画「おらおらでひとりいぐも」県内で実景ロケ/岩手・遠野市 | IBC NEWS - ニュースエコー 岩手放送 承認されても「まともに」とは思わないで 千葉雅也さん - 朝日新聞 【社説】阿波歴史小説の会 郷土の文学支えた40年|社説|徳島新聞 - 徳島新聞 性的にゾワリとする場面も…注目作家が描く『最高の任務』に感動! - ananweb あなたの会社にもいる、あの人のことを思い浮かべながら読んでみてください|絲山秋子さん『御社のチャラ男』(本がすき。) - Yahoo!ニュース 【俺たちの自宅LOVE!】本の収納抜群! な小説家の仕事部屋(WEBUOMO) - Yahoo!ニュース 国内海外の主要ニュース - 南日本新聞 【書評】『音に聞く』高尾長良・著 芸術の都を舞台に家族の愛憎 - SankeiBiz 36歳で亡くなった父。その年齢を超えて、小説家・平野啓一郎が思うこと (2020年2月17日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 「龍馬伝」「るろうに剣心」演出した大友啓史監督、最新作「影裏」に込めた思いとは(DANRO) - Yahoo!ニュース 紗倉まなが3作目の小説『春、死なん』刊行。老人の"性と孤独"を描いたきっかけは、イベントで言われた言葉|ニフティニュース - ニフティニュース 新たなる代表作『丸の内魔法少女ミラクリーナ』刊行、村田沙耶香を初めて読むならこの5冊(瀧井朝世・選) | 「読み物(本・小説)」 | 「特集(本・小説)」 - カドブン