受賞作ドットジェイピー

第162回芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2020

第162回

関連トピックス

芥川賞の初候補になった2人の作家に、文学との向き合い方を聞いてみた - SankeiBiz 「韓国の芥川賞」発表断念 主催社に作家反発「搾取だ」 - 朝日新聞 直木賞『熱源』・芥川賞『背高泡立草』がワンツーフィニッシュ 文芸書週間ランキングを考察(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 佐久間由衣×奈緒! 芥川賞作家・津村記久子「君は永遠にそいつらより若い」映画化 - 映画.com 芥川賞古川さんがサイン会 受賞後初、地元福岡市の書店で(西日本新聞) - Yahoo!ニュース 芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』映画化 - 田中裕子×蒼井優が2人1役に - Fashion Press 【第154回(2015年下半期)芥川賞】主語なしに成立する日本語の特性を活かした、画期的な「日本語文学」 (2020年2月6日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 古市憲寿さんはなぜ小説を書くのか? 芥川賞の選考で酷評されても「テレビで言えないこと書ける」 - 毎日新聞 - 毎日新聞 芥川賞作家・夫は妻との仕事をずっと断わり続けていたけれど|読書で離婚を考えた(幻冬舎plus) - Yahoo!ニュース 尾崎世界観(クリープハイプ)推薦! 芥川賞作家・金原ひとみ初の新聞連載小説『クラウドガール』が文庫化 - PR TIMES 大学中退、6年間ニートの古川真人さん、雑草からの「背高泡立草」での芥川賞(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 注目の女優・佐久間由衣と奈緒が共演 芥川賞作家・津村記久子デビュー作『君は永遠にそいつらより若い』実写映画化決定 - インフォシーク 芥川賞作家 町屋良平の文章から詩を自動生成 不思議な詩情が宿る? - KAI-YOU 芥川賞受賞のヒューマンミステリーを綾野剛&松田龍平で映画化 『影裏』大友啓史監督インタビュー「淡々とした時間の中でうごめく感情」 - ガジェット通信 長崎の島を舞台に現在と過去が交錯する「芥川賞受賞作」 『背高泡立草(せいたかあわだちそう)』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 芥川賞連続ノミネートされた注目の作家、高山羽根子の最新作『如何様』【おすすめ 本】 - DailyMORE (株式会社集英社) チャラ男はどこの会社にもいる! 新しい「会社員」小説 『御社のチャラ男』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 36歳で亡くなった父。その年齢を超えて、作家・平野啓一郎が思うこと (2020年2月17日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース フランスで最高の権威を誇る料理コンクール「第70回プロスペール・モンタニエ国際料理コンクール」日本橋兜町アサヒナガストロノーム安達 晃一が優勝:時事ドットコム - 時事通信 「男を求める」男たちが回遊する東京の夜 『デッドライン』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 山陰中央新報社|モンブランの太い文字 - 山陰中央新報 韓国文学賞、作家が主催者に反旗 - 佐賀新聞 【書評】さまざまな境界線上で自分とは何者かと考える 『デッドライン』(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース 【書評】『悔いなく生きる男の流儀』高橋三千綱著 - 産経ニュース いわてダ・ヴィンチ表紙に注目 綾野剛さん、岩手の魅力語る - 岩手日報 中村梅雀、津田寛治 バレンタイン初日に「愛」を語る!『山中静夫氏の尊厳死』初日舞台挨拶 - 映画の時間編集部 恫喝や不倫!? 文豪たちの"どうかしてる"私生活、現代に通じるものがある... 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット) - アエラドット 朝日新聞出版 五輪美女の思い出 木原光知子から栗原恵、田中理恵まで|NEWSポストセブン - NEWSポストセブン ネット時代における書店の死と再生――代官山の蔦屋書店を訪ねて - 武田徹|論座 - 朝日新聞社の言論サイト - 論座 大城立裕氏、佐藤優氏らが討論 国際シンポ、きょう開催 琉球新報ホールで午後2時から 名桜大主催 入場無料で来場順 - 琉球新報 松田龍平「はしゃぎすぎて」熱中症に 「やっぱり自然はなめちゃいけない」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 芸人引退で“脚本・演出”へ 家城啓之が感じる手応えと葛藤「コントをしたい」 (2020年2月13日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 読売新聞読書面連載「現代×文芸 名著60」公開座談会「短編をめぐって―小説家と翻訳家が短編小説の魅力を語りつくす―」 : 読売Biz フォーラム : エンタメ・文化 : ニュース - 読売新聞