受賞作ドットジェイピー

松浦寿輝

Wikipedia情報

松浦 寿輝(まつうら ひさき、1954年3月18日 - )は、日本の詩人・小説家・フランス文学者・批評家。東京大学名誉教授。毎日出版文化賞、高見順賞、読売文学賞選考委員。日本芸術院会員。 『折口信夫論』(1995年)などの評論、『冬の本』(1987年)などの詩集があり、小説では『花腐し』(2000年)で芥川賞を受賞。中年男を主人公とした幻想小説風の作品が多い。ほかの作品に『半島』(2004年)などがある。

受賞作一覧

2019

第72回野間文芸賞

2017

第53回谷崎潤一郎賞

第27回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

2014

第5回鮎川信夫賞

2009

第17回萩原朔太郎賞

2005

第56回読売文学賞

第9回木山捷平文学賞

2000

第123回芥川賞

1996

第9回三島由紀夫賞

1988

第18回高見順賞

関連トピックス

「松浦寿輝全詩集」全240編、半世紀の信号の記録 「暗さや悲しみも、生きている充実感」 - 好書好日