受賞作ドットジェイピー

平野啓一郎

Wikipedia情報

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は、日本の小説家である。 京都大学在学中に『日蝕』(1998年)で芥川賞を受賞し話題に。壮麗な文体の同作と『一月物語』(1999年)、『葬送』(2002年)をロマンティック3部作と称する。以降は平明な文体。ほかに『ドーン』(2009年)、『マチネの終わりに』(2016年)などがある。

受賞作一覧

2023

第22回小林秀雄賞

2019

第70回読売文学賞

第16回本屋大賞

2009

第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

1999

第120回芥川賞

関連トピックス

石丸伸二氏にツッコミ?「賢い人は1聞いて10理解」意思疎通コスト高い人困る、有名作家が指摘(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 平野啓一郎氏が石丸伸二氏の対応に苦言 この件に堀江貴文氏が反論 (2024年7月11日掲載) - livedoor 平野啓一郎さんに聞くTHE ALFEEの魅力 時代の音を求めつつ、独自のサウンドを確立 - アエラドット 朝日新聞出版 堀江貴文氏“ガチ対応”石丸伸二氏にツッコミ有名作家に「質問した人が馬鹿なまま、成長しない」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 石丸伸二氏 京大先輩の芥川賞作家から苦言か「本当に賢い人って1を聞いただけでサクサク答える人」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 平野啓一郎さんに聞くTHE ALFEEの魅力 時代の音を求めつつ、独自のサウンドを確立(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 石丸伸二氏のメディア対応、芥川賞作家が苦言か「本当に賢い人って...」 (2024年7月10日掲載) - livedoor