受賞作ドットジェイピー

平野啓一郎

Wikipedia情報

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は日本の小説家。 愛知県蒲郡市で生まれたが1歳で父親(享年36)を亡くし、2歳から18歳まで母親の実家があった福岡県北九州市八幡西区で育つ。私立明治学園中学校を経て福岡県立東筑高等学校、京都大学法学部卒業。高校時代に80枚の処女長編を執筆。大学では小野紀明ゼミ(政治思想史)に所属し、バーでのアルバイト、軽音サークル、小説の執筆などに重点を置いた生活を送る。 在学中の1998年、執筆に1年を費やした『日蝕』を『新潮』に投稿。15世紀のフランスを舞台に神学僧の神秘体験を明治期の作家を思わせる擬古文で描いた作品で新人としては異例の一挙掲載がなされ、「三島由紀夫の再来」と喧伝されるなど華々しいデビューを飾る。翌1999年、『日蝕』により第120回芥川賞を当時最年少の23歳で受賞(ただし月数も考慮すると、平野は丸山健二より約6か月年長)。同年、泉鏡花風の幻想譚『一月物語』(いちげつものがたり)を発表。 2002年、19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行。

受賞作一覧

2019

第70回読売文学賞

第16回本屋大賞

2009

第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

1999

第120回芥川賞

関連トピックス

平野啓一郎 「本心」 連載第204回 第八章 新しい友達 - 西日本新聞 平野啓一郎「ある男」- 読み進める苦労はいかがなもんか (2020年4月7日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 平野啓一郎 「本心」 連載第202回 第八章 新しい友達 - 西日本新聞 平野啓一郎 「本心」 連載第203回 第八章 新しい友達 - 西日本新聞 平野啓一郎 「本心」 連載第200回 第八章 新しい友達 - 西日本新聞 平野啓一郎氏 オフィス街のランチ マスク無しでしゃべりまくる人に「怖くなる」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 平野啓一郎氏 オフィス街のランチ、マスク無しでしゃべりまくる人に「怖くなる」 - デイリースポーツ 現代日本文学の最高峰「古井由吉」の遺稿を『新潮』5月号で発表! - PR TIMES 人を動かす「カッコいい」の条件―多様化した現代で大切にすべき姿勢とは | 読み方の角度 | EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン - 野村證券マーケット情報 2020年本屋大賞は凪良ゆう『流浪の月』 "普通"を揺さぶる、引き離された男女の物語 - ほんのひきだし なぜいま彼の言葉が響くのか? 50年前のスクープ映像から三島由紀夫の言霊を紐解く(水上賢治) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 安倍首相の布マスク2枚配布、自民党内からも批判の声続出 - 女性自身