受賞作ドットジェイピー

第120回芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

1999

第120回

関連トピックス

芥川賞・直木賞作家に加え尾崎世界観・松井玲奈ら25人の書き手が2020年の風景を切りとり、短編小説書き下ろし「小説 トリッパー」25周年記念号 - music.jpニュース 平野啓一郎氏 河野太郎防衛相に「大臣としての資質を完全に欠いている」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース Netflix、又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」を配信中 - BITDAYS “自分が渡す食べ物を食べてもらえない”主人公の物語がリアリティーを失わない凄さ(文春オンライン) - Yahoo!ニュース アサヒカメラ、7月号で休刊へ 日本最古の総合カメラ誌 - 朝日新聞デジタル 大友啓史監督×綾野剛×松田龍平『影裏』ブルーレイ&DVD発売決定 映像特典にメイキング(シネマトゥデイ) - Yahoo! - Yahoo!ニュース 『アクタージュ』は「すぐれた表現とは何か」を探求する 全クリエイター必読の演劇漫画を考察(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 金原ひとみは小説を書くことで救われてきた作家だーー『パリの砂漠、東京の蜃気楼』を読んで - リアルサウンド 「何かが変なパリにて」~ロックダウン後のパリノート(3) - 読売新聞 「作家はちょうど木のようなものです」 野呂邦暢のラジオ脚本 諫早図書館で公開 - 47NEWS 「エール」裕一を救う天才作詞家は劇作家・ノゾエ征爾 朝ドラ初出演「至福なヒトトキ」文筆家オーラで起用(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 前進座座友・丸橋恒夫さん死去 95歳 誤嚥性肺炎による呼吸不全のため - スポニチアネックス Sponichi Annex 中村哲氏が慕った伯父…60年前に自死した作家「火野葦平」に今、学ぶべきこと - アエラドット 朝日新聞出版 寄稿:『日本女性文学全集』完結 情熱と執念、13年かけ=尾形明子(文芸評論家) - 毎日新聞 湊かなえ、ラジオパーソナリティー初挑戦「温かい気持ちでお聴きください!」:山陽新聞デジタル|さんデジ - 山陽新聞 突き抜けた妄想力に魅了される、村田沙耶香の短編集。|特集|Culture|madameFIGARO.jp(フィガロジャポン) - フィガロジャポン 金原ひとみが描いたソーシャルディスタンス保たぬ男女の恋愛。 「死にたい」気持ちに向き合ってきた彼女が伝える、もう1つの切実さ(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース YouTubeの映画祭We Are Oneで楽しめる日本映画5選 - Time Out Tokyo