受賞作ドットジェイピー

第120回芥川賞

Wikipedia情報

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

1999

第120回

関連トピックス

寝っ転がってスマホで作品を書いた「芥川賞」 音楽や映画も「スマホ」でつくれる - PRESIDENT Online 高田文夫氏、又吉直樹の言葉に「やっぱり芥川賞作家は違う」|NEWSポストセブン - NEWSポストセブン 寝っ転がってスマホで作品を書いた「芥川賞」 - BLOGOS 西洋と賛美歌の薫り「海道東征」真価を見抜いた芥川賞作家・阪田寛夫 8日コンサート - 産経ニュース 「読書、思考力鍛える」 芥川賞作家・上田さん語る 明石 /兵庫 - 毎日新聞 芥川賞作家・高橋弘希さん/八戸でトークイベント - 47NEWS 創刊96年『文藝春秋』がnoteをビジネスパートナーに選んだ“3つの理由” - 文春オンライン 才能とは? 青春「後」の新たな発見 又吉直樹さん新作「人間」 - 産経ニュース 「照れ」をいかに克服するか!? 岸政彦×又吉直樹対談イベントレポート - ダ・ヴィンチニュース 「正義ではない側も演じてみたい」 映画「マチネの終わりに」の福山雅治 - 時事通信ニュース 「ダサい」と思った時期も…写真界の巨匠、初めて“故郷”を撮る ご当地カルタからあふれる地元愛 - www.fnn.jp ウェブの自社開発を捨てた月刊「文藝春秋」、責任者は31歳 - 日経ビジネス電子版 「カッコいい」とは「しびれる体験」なのだ HONZ特選本『「カッコいい」とは何か』(1/2) - JBpress 【平山周吉氏書評】伝説の俳人・河東碧梧桐に肉迫(2019年11月10日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 福山雅治主演『マチネの終わりに』舞台裏を公開 - シネマトゥデイ ピースの又吉直樹、どこか懐かしくて新しいバッグの中身を大公開。| In The Bag【VOGUE VIDEO】 - VOGUE JAPAN 『IT/イット』続編が1位!『マチネの終わりに』が3位に初登場 - シネマトゥデイ 福山雅治×石田ゆり子『マチネの終わりに』美しい音楽の魅力 - シネマトゥデイ 斎藤工&リリー・フランキーらが『マチネの終わりに』へ想いを寄せる…コメント到着 (2019年11月8日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 従来の価値観を揺るがす! 死んだ人間を食べながら、男女が受精相手を探す…『生命式』村田沙耶香インタビュー - ダ・ヴィンチニュース