受賞作ドットジェイピー

文学界新人賞

Wikipedia情報

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。 純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

受賞作一覧

2021

第126回

2020

第125回

2019

第124回

2017

第122回

2016

第121回

2015

第120回

第118回

2014

第119回

第117回

2013

第115回

2012

第114回

第113回

2011

第112回

第111回

2010

第110回

2009

第109回

第108回

2008

第107回

第106回

2007

第105回

第104回

2006

第103回

第102回

2005

第101回

第100回

2004

第99回

第98回

2003

第97回

第96回

2002

第95回

第94回

2001

第93回

第92回

2000

第91回

第90回

1999

第88回

第87回

1998

第86回

1997

第85回

第84回

1996

第83回

第82回

1995

第81回

第80回

1994

第79回

第78回

1993

第77回

第76回

1992

第75回

第74回

1991

第73回

第72回

1990

第71回

第70回

1989

第69回

第68回

1988

第67回

第66回

1987

第65回

第64回

1986

第63回

第62回

1985

第61回

第60回

1984

第59回

第58回

1983

第57回

第56回

1982

第55回

第54回

1981

第53回

第52回

1980

第51回

第50回

1979

第48回

1978

第47回

第46回

1977

第45回

1975

第41回

1974

第39回

1973

第37回

第36回

1972

第35回

1971

第33回

第32回

1970

第31回

第30回

1969

第29回

第28回

1968

第27回

第26回

1967

第24回

1966

第23回

第22回

1965

第20回

1964

第18回

1962

第15回

1960

第11回

1959

第9回

第8回

1958

第7回

第6回

1957

第5回

第4回

第3回

1956

第2回

1955

第1回

関連トピックス

10月7日にノーベル文学賞が発表!世界で注目されている日本の小説は? - PR TIMES 老舗小説雑誌が異例の完売、圧倒的影響力でジャニーズに文学界からのオファーが増える? (2021年9月20日) - エキサイトニュース 佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 6回目 中編 作家・朝井リョウとアイドルシーンの多様性を考える(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 中国人作家・陸秋槎が語る華文ミステリーと日本「新本格」の深い関係 - Nippon.com デビュー40周年の渡辺徹 「自分は何者なのか」悩んだ過去 - auone.jp レースドライバーを目指す少女たちを描く、「リニアダッシュ! POLE POSITION」 - ステージナタリー