受賞作ドットジェイピー

新潮社文学賞

受賞作一覧

1968

第14回

1967

第13回

1966

第12回

1965

第11回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1961

第7回

1960

第6回

1959

第5回

1958

第4回

1957

第3回

1956

第2回

1955

第1回

関連トピックス

ゾクゾクする! “色っぽい”作品6冊をじっくり読んでみたい - ananweb 今週の本棚・この3冊:古井由吉 富岡幸一郎・選 - 毎日新聞 Japan|コロナによる「おこもり消費」で本が売れている! - SEVENTIE TWO Topics:『小説現代』『文芸』の刷新 小説誌の新たな挑戦 脱連載、読み切り 生き残り模索 - 毎日新聞 村上春樹作品の翻訳家が7つのテーマで選ぶ「日本小説の秀作」:『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29』 - ほんのひきだし 【文庫双六】巧妙な罠と意外な結末 異色のフレンチ・ミステリ――川本三郎(Book Bang) - Yahoo!ニュース お家で暗号クイズを解いて遊ぼう! ひらめきと発想力で謎を解く「からくり探偵団」シリーズ第二弾『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』発売!:時事ドットコム - 時事通信 小田急まなたび企画 小田急ホテルセンチュリー相模大野にて「阿川佐和子氏 講演会」を5月26日(火)に開催 - PR TIMES 新型コロナ騒動で注目されるイタリア古典文学 変わらぬ人間心理の妙(産経新聞) - Yahoo!ニュース 【THE INTERVIEW】作家・村田沙耶香さん 「正義」の怖さ、コミカルに - 産経ニュース 遊ぶ人集会 vol.3 ハハノシキュウ×佐藤友哉「小説の言葉、ヒップホップの言葉」公開対談 - KAI-YOU.net 三島由紀夫とは何者だったのか?「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」豊島圭介監督に聞く - ほんのひきだし 没後10年 森繁久彌 息子・森繁建さんが明かす「モリシゲ」とっておき話 - 毎日新聞