受賞作ドットジェイピー

新潮社文学賞

Wikipedia情報

新潮社文学賞(しんちょうしゃぶんがくしょう)は、新潮社が1954年(昭和29年)に新潮社四大文学賞のひとつとして設けた文学賞である。受賞者には記念品と副賞として賞金(第1回から第7回まで30万円、第8回以降は50万円)が授与された。1967年(昭和42年)10月に新潮文芸振興会が設立されたのを期に終了し、1969年(昭和44年)開始の日本文学大賞に引き継がれる形となった。

受賞作一覧

1968

第14回

1967

第13回

1966

第12回

1965

第11回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1961

第7回

1960

第6回

1959

第5回

1958

第4回

1957

第3回

1956

第2回

1955

第1回

関連トピックス

第166回直木賞 今村翔吾さん(37)の「塞王の楯」と米澤穂信さん(43)の「黒牢城」のW受賞が決まる - 文春オンライン 朝井リョウ『正欲』、第19回 本屋大賞にノミネート! - PR TIMES 第38回織田作之助賞 「リリアン」岸政彦さん 濃厚な大阪、紡ぐ音楽 - 毎日新聞 浅田次郎「10年先に向けて書く」 ふるさと題材に新作 - 日本経済新聞 女の子が忘れた赤い手帖に書かれていたこと(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 気になる大賞はどの作品に!?「2022年本屋大賞」ノミネート10作品発表! - ダ・ヴィンチニュース 【2/14オンライン】國分功一郎×千葉雅也 いま「哲学」で考えることの意味|【幻冬舎大学】大人のためのカルチャー講座|幻冬舎編集部 - 幻冬舎plus 中井貴一さん、隈研吾さんが共感!浅田次郎さんの待望の最新作『母の待つ里』発売決定。読めば大切な人に今すぐ会いたくなる? - PR TIMES 年間100冊読書する高校生がオススメ「本を読まない人に読んでほしい」5冊|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア - 高校生新聞 特集ワイド:この国はどこへ コロナの時代に 足踏みする毎日は「全員留年」 作家・綿矢りささん 37歳 - 毎日新聞 口元の残念なたるみを解消!“5秒でできる顔トレ”をやってみよう - めるも 直木賞に大津市在住の今村翔吾さん(BBCびわ湖放送) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 第166回芥川賞に砂川文次さん「ブラックボックス」|好書好日 - 好書好日