受賞作ドットジェイピー

群像新人文学賞

Wikipedia情報

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。 純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。 2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

受賞作一覧

2021

第64回

2020

第63回

2019

第62回

2018

第61回

2017

第60回

2016

第59回

2015

第58回

2014

第57回

2013

第56回

2012

第55回

2011

第54回

2010

第53回

2009

第52回

2008

第51回

2007

第50回

2006

第49回

2005

第48回

2004

第47回

2003

第46回

2002

第45回

2001

第44回

2000

第43回

1999

第42回

1998

第41回

1997

第40回

1996

第39回

1995

第38回

1994

第37回

1993

第36回

1992

第35回

1991

第34回

1990

第33回

1989

第32回

1988

第31回

1987

第30回

1986

第29回

1985

第28回

1984

第27回

1983

第26回

1982

第25回

1981

第24回

1980

第23回

1979

第22回

1978

第21回

1977

第20回

1976

第19回

1975

第18回

1974

第17回

1973

第16回

1972

第15回

1971

第14回

1970

第13回

1969

第12回

1968

第11回

1967

第10回

1966

第9回

1965

第8回

1964

第7回

1963

第6回

1962

第5回

1961

第4回

1960

第3回

1959

第2回

1958

第1回

関連トピックス

【BOOK】第165回芥川賞・石沢麻依さん 震災を「記憶」することとは何か 『貝に続く場所にて』(講談社) - ZAKZAK 芥川賞作家・李琴峰:多様性を内包した独自の世界観を持つ作家 - Nippon.com SUNDAY LIBRARY:著者インタビュー 島本理生『星のように離れて雨のように散った』 - 毎日新聞 佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 6回目 後編 作家・朝井リョウとアイドルシーンの多様性を考える(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 6回目 中編 作家・朝井リョウとアイドルシーンの多様性を考える(音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース