受賞作ドットジェイピー

第17回群像新人文学賞

Wikipedia情報

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に設けた純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。 応募規定 小説・評論の 2 部門制。 年 1 回発表。 小説部門は400字詰原稿用紙で70枚以上250枚以内。 受賞者には正賞として 50 万円(優秀作25万円)が授与され、受賞作は選評と合わせて『群像』6月号に掲載される。 過去の応募規定 枚数 第1回から第6回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して100枚以内、評論は50枚以内。 第7回から第10回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して50枚前後(長くても100枚以内)、評論は100枚以内。 第11回から第46回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して250枚以内、評論は100枚以内。 第47回以降は現在と同じ。 賞金 第1回から第2回まで、小説部門は10万円、評論部門は5万円。 第3回から第21回まで、両部門ともに10万円。 第22回から第23回まで、両部門ともに15万円。

受賞作一覧

1974

第17回

関連トピックス

『最高の任務』…乗代雄介著 - 読売新聞 村上龍文学の金字塔『コインロッカー・ベイビーズ』から40年……カルチャーに与えた影響を再考察(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース レンジでたった20秒! チョコとパンの“簡単スイーツ”レシピ - ananweb 自分が選択しなかった生き方を否定しても不自由になるだけ/島本理生×鈴木涼美対談<後編> - ニコニコニュース 第162回「芥川賞・直木賞」決定 - 朝日新聞社 何のために「貞操観念」は存在するのか/島本理生×鈴木涼美対談<前編> - ニフティニュース 第162回「芥川賞」は古川真人氏『背高泡立草』 4回目ノミネートで受賞|オリコンニュース|徳島新聞 - 徳島新聞