受賞作ドットジェイピー

第50回群像新人文学賞

Wikipedia情報

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に設けた純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。 応募規定 小説・評論の 2 部門制。 年 1 回発表。 小説部門は400字詰原稿用紙で70枚以上250枚以内。 受賞者には正賞として 50 万円(優秀作25万円)が授与され、受賞作は選評と合わせて『群像』6月号に掲載される。 過去の応募規定 枚数 第1回から第6回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して100枚以内、評論は50枚以内。 第7回から第10回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して50枚前後(長くても100枚以内)、評論は100枚以内。 第11回から第46回まで、小説部門は400枚詰め原稿用紙に換算して250枚以内、評論は100枚以内。 第47回以降は現在と同じ。 賞金 第1回から第2回まで、小説部門は10万円、評論部門は5万円。 第3回から第21回まで、両部門ともに10万円。 第22回から第23回まで、両部門ともに15万円。

受賞作一覧

2007

第50回

関連トピックス

『ポラリスが降り注ぐ夜』李琴峰/筑摩書房/2月29日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介 - HON.jp News Blog BiSHのモモコグミカンパニーも激賞する作家・村田沙耶香の最新短編集『丸の内魔法少女ミラクリーナ』いよいよ発売‼ | 「ニュース」プレスリリースの最新情報 | 「ニュース」本・小説の最新情報、試写会・プレゼント情報 - カドブン 島本理生さんの直木賞受賞作が文庫化 2月にドラマ放送、来年は映画化も(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース 板橋区出身の直木賞作家、島本理生さん原作の「Red」が映画化(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース 今日は何の日:2月19日 - Nippon.com 特集ワイド:小説は書き手の本質さらす 吉本ばななさんらを育てた名編集者 根本昌夫さん - 毎日新聞 「僕は楽しいからそうする」。大学の外で研究する「在野研究者」たち - Business Insider Japan