受賞作ドットジェイピー

第65回群像新人文学賞

Wikipedia情報

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。 純文学系の公募している新人賞には他に、文學界新人賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。 2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

受賞作一覧

2022

第65回

関連トピックス

村上春樹さん、今年もノーベル文学賞ならず…06年から最有力候補と国内外で取りざたされる(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 活字の権威 作家・乗代雄介 - 日本経済新聞 鉄道開業150年の節目に短編集『鉄道小説』発売 乗代雄介氏、温又柔氏、澤村伊智氏、滝口悠生氏、能町みね子氏が“人と鉄道の記憶”を描く(交通新聞社・10月6日発売) - PR TIMES 料理系クリエイター38組が力を合わせた『持ち寄りパーティーレシピブック』 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー) 月9ドラマ化の話題作『元彼の遺言状』続編!『倒産続きの彼女』待望の文庫化 <10/6発売>:時事ドットコム - 時事通信ニュース 履歴書の書けない大学生、面接の受け答えのできない高校生…“国語力の弱さ”が招く「生きづらさ」 - ニフティニュース Kindleセール、10周年で最大50%OFF 10巻以内のオススメ漫画13選 - KAI-YOU