受賞作ドットジェイピー

第66回群像新人文学賞

Wikipedia情報

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。 純文学系の公募している新人賞には他に、文學界新人賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長篇小説賞がある。 2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

受賞作一覧

2023

第66回

関連トピックス

豊永浩平に武田砂鉄が訊く。21歳の新星が歴史からたぐり寄せる「言葉と響き」『月ぬ走いや、馬ぬ走い』 - 現代ビジネス 21歳の現役大学生、衝撃のデビュー作! 群像新人文学賞受賞『月ぬ走いや、馬ぬ走い』 (2024年7月9日) - Excite Bit コネタ くりかえす因果の鎖に楔を打ち込み、生を掘削していく語りの力…『月ぬ走いや、馬ぬ走い』書評(倉本 さおり) - 現代ビジネス