受賞作ドットジェイピー

黒田杏子

Wikipedia情報

黒田 杏子(くろだ ももこ、1938年(昭和13年)8月10日 - )は、俳人。東京市本郷生まれ。父は開業医。1944年栃木県に疎開、高校卒業まで栃木県内で過ごす。東京女子大学入学と同時に俳句研究会「白塔会」に入り、山口青邨の指導を受け、青邨主宰の「夏草」に入会。同大学文理学部心理学科卒業後、博報堂に入社。テレビ、ラジオ局プランナー、雑誌『広告』編集長などを務め、瀬戸内寂聴、梅原猛、山口昌男など多数の著名文化人と親交を持つ。この間、10年ほど作句を中断。1970年、青邨に再入門。青邨没後、1990年俳誌「藍生」(あおい)を創刊、主宰。 代表句に「白葱のひかりの棒をいま刻む」「一の橋二の橋ほたるふぶきけり」など。「季語の現場人」と自ら名付けた姿勢を作句の基本とし、平明な表現で季語を生かす句風を特徴とする。結社活動も含め俳人として精力的な活動を行っており、おかっぱ頭、モンペ姿のトレードマークで親しまれている。女流では宇多喜代子らと並び称される存在である。また句作を再開した1970年から同時に「日本列島桜花巡礼」を発心、30年かけて全国の桜を巡り「桜」の俳人としても知られる。

受賞作一覧

2011

第45回蛇笏賞

1996

第35回俳人協会賞

1982

第5回俳人協会新人賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 第三十回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 作品応募開始! - PR TIMES (プレスリリース) 夏井いつき氏「俳句の裾野を豊かに」/講演要旨 - 東奥日報 東京女子大学が9月28日に瀬戸内寂聴氏と黒田杏子氏の特別対話講演「96歳 寂聴さんとともに」を開催 - 大学プレスセンター 故・金子兜太さんの「聞き手」 黒田杏子さんが思い出語る - 日刊ゲンダイ 人間や国を詠む 黒田杏子・俳誌「藍生」主宰の話 - 毎日新聞 俳人・黒田杏子さん句碑奉納 高知県土佐清水市の金剛福寺境内 - 高知新聞 平和詠んだ「国民詩人」 金子兜太さんお別れ会に800人 - 東京新聞 GHQ検閲逃れた1949年の手記 14歳、焦土で惨状を見た きょう広島原爆の日 - 東京新聞 平和の俳句 戦後73年の終戦の日に復活 特集ページで入選30句を掲載 - 東京新聞 梅沢富美男が夏井いつき先生に威嚇口撃!?『プレバト!!』6・21放送 - TV LIFE