受賞作ドットジェイピー

第3回全米批評家協会賞

Wikipedia情報

全米批評家協会賞(National Book Critics Circle Awards)は、アメリカの文学賞の一つ。全米批評家協会(National Book Critics Circle)から、毎年優れた英語作品に対し、小説(Fiction)、ノンフィクション(General Non-Fiction)、伝記・自叙伝(Biography and Autobiograhy)・詩(Poetry)・批評(Criticism)の5つの部門ごとに表彰が行なわれる。 受賞作一覧 小説部門 第1回 (1976年) - E・L・ドクトロウ 『ラグタイム』 "Ragtime" 第2回 (1977年) - ジョン・ガードナー "October Light" 第3回 (1978年) - トニ・モリスン 『ソロモンの歌』 "Song of Solomon" 第4回 (1979年) - ジョン・チーヴァー 『橋の上の天使』 "The Stories of John Cheever" 第5回 (1980年) - トーマス・フラナガン "The Year of the French" 第6回 (1981年) - ジョン・アップダイク 『金持になったウサギ』 "Rabbit Is Rich" 第7回 (1982年) - スタンリー・エルキン "George Mills" 第8回 (1983年) - ウィリアム・ケネディ 『黄昏に燃えて』 "Ironweed" 第9回 (1984年) - ルイーズ・アードリック 『ラブ・メディシン』 "Love Medicine" 第10回 (1985年) - アン・タイラー 『アクシデンタル・ツーリスト』 "The Accidental Tourist" 第11回 (1986年) - レイノルズ・プライス "Kate Vaiden" 第12回 (1987年) - フィリップ・ロス 『背信の日々』 The Counterlife"" 第13回 (1988年) - バーラティ・ムーカジ 『ミドルマン』 "The Middleman and Other Stories" 第14回 (1989年) - E・L・ドクトロウ 『ビリー・バスゲイト』 "Billy Bathgate" 第15回 (1990年) - ジョン・アップダイク 『さようならウサギ』 "Rabbit at Rest" 第16回 (1991年) - ジェーン・スマイリー 『大農場』 "A Thousand Acres" 第17回 (1992年) - コーマック・マッカーシー 『すべての美しい馬』 "All the Pretty Horses" 第18回 (1993年) - アーネスト・J・ゲインズ 『ジェファーソンの死』 "A Lesson Before Dying" 第19回 (1994年) - キャロル・シールズ 『ストーン・ダイアリー』 "The Stone Diaries" 第20回 (1995年) - スタンリー・エルキン "Mrs. Ted Bliss" 第21回 (1996年) - ジーナ・ベリオー "Women in Their Beds" 第22回 (1997年) - ペネロピ・フィッツジェラルド "The Blue Flower" 第23回 (1998年) - アリス・マンロー "The Love of a Good Woman" 第24回 (1999年) - ジョナサン・レセム『マザーレス・ブルックリン』 "Motherless Brooklyn" 第25回 (2000年) - ジム・クレイス 『死んでいる』 "Being Dead" 第26回 (2001年) - W・G・ゼーバルト 『アウステルリッツ』 "Austerlitz" 第27回 (2002年) - イアン・マキューアン 『贖罪』 "Atonement" 第28回 (2003年) - エドワード・P・ジョーンズ "The Known World" 第29回 (2004年) - マリリン・ロビンソン "Gilead" 第30回 (2005年) - E.L.ドクトロウ "The March" 第31回 (2006年) - キラン・デサイ "The Inheritance of Loss" 第32回 (2007年) - ジュノ・ディアズ "The Brief Wondrous Life of Oscar Wao" 第33回 (2008年) - ロベルト・ボラーニョ 『2666』"2666" 第34回 (2009年) - ヒラリー・マンテル 『ウルフ・ホール』"Wolf Hall" 第35回 (2010年) - ジェニファー・イーガン "en:A Visit From the Goon Squad" 第36回 (2011年) - エディス・パールマン "en:Binocular Vision: New and Selected Stories" 第37回 (2012年) - en:Ben Fountain "Billy Lynn's Long Halftime Walk" 第38回 (2013年) - チママンダ・アディーチェ "Americanah" 第39回 (2014年) - マリリン・ロビンソン "Lila" ノンフィクション部門 第1回 (1976年) - R・W・B・ルイス "Edith Wharton" 第2回 (1977年) - マキシーン・ホン・キングストン 『チャイナタウンの女武者』 "The Woman Warrior" 第3回 (1978年) - ウォルター・ジャクソン・ベイト "Samuel Johnson" 第4回 (1979年) - モーリーン・ハウァド "Facts of Life" 第4回 (1979年) - ギャリー・ウィルズ "Inventing America" 第5回 (1980年) - テルフォード・テイラー "Munich: The Price of Peace" 第6回 (1981年) - スティーヴン・ジェイ・グールド 『人間の測りまちがい:差別の科学史』 "The Mismeasure of Man" 第7回 (1982年) - ロバート・キャロ "The Path of Power: The Years of Lyndon Johnson" 第8回 (1983年) - シーモア・M・ハーシュ "The Price of Power: Kissinger in the Nixon White House" 第9回 (1984年) - フリーマン・ダイソン 『核兵器と人間』 "Weapons and Hope" 第10回 (1985年) - J・アンソニー・ルーカス "Common Ground: A Turbulent Decade in the Lives of Three American Families" 第11回 (1986年) - ジョン・ダワー 『容赦なき戦争:太平洋戦争における人種差別』 "War Without Mercy: Race and Power in the Pacific War" 第12回 (1987年) - リチャード・ローズ 『原子爆弾の誕生』 "The Making of the Atomic Bomb" 第13回 (1988年) - テイラー・ブランチ "Parting the Waters: America in the King Years, 1954-63" 第14回 (1989年) - マイケル・ドリス "The Broken Cord" 第15回 (1990年) - シェルビー・スティール 『黒い憂鬱:90年代アメリカの新しい人種関係 』 "The Content of Our Character: A New Vision of Race in America" 第16回 (1991年) - スーザン・ファルーディ 『バックラッシュ:逆襲される女たち 』 "Backlash: The Undeclared War Against America Women" 第17回 (1992年) - ノーマン・マクリーン 『マクリーンの渓谷:若きスモークジャンパーたちの悲劇』 "Young Men and Fire" 第18回 (1993年) - アラン・ローマックス "The Land Where the Blues Began" 第19回 (1994年) - リン・H・ニコラス 『ヨーロッパの略奪:ナチス・ドイツ占領下における美術品の運命』 "The Rape of Europa: The Fate of Europe's Treasures in the Third Reich and the Second World War" 第20回 (1995年) - ジョナサン・ハー "A Civil Action" 第21回 (1996年) - ジョナサン・ラバン "Bad Land" 第22回 (1997年) - アン・ファディマン "The Spirit Catches You and You Fall Down" 第23回 (1998年) - フィリップ・ゴーレイヴィッチ 『ジェノサイドの丘:ルワンダ虐殺の隠された真実』 "We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With Our Families" 第24回 (1999年) - ジョナサン・ワイナー 『時間・愛・記憶の遺伝子を求めて:生物学者シーモア・ベンザーの軌跡』 "Time, Love, Memory: A Great Biologist and His Quest for the Origins of Behavior" 第25回 (2000年) - テッド・コノヴァー "Newjack: Guarding Sing Sing" 第26回 (2001年) - ニコルソン・ベイカー "Double Fold: Libraries and the Assault on Paper" 第27回 (2002年) - サマンサ・パワー "“A Problem from Hell”: America and the Age of Genocide" 第28回 (2003年) - ポール・ヘンドリクソン "Sons of Mississippi" 第29回 (2004年) - Diarmaid MacCulloch "The Reformation: A History" 第30回 (2005年) - スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ "Voices from Chernobyl: The Oral History of a Nuclear Disaster" 第31回 (2006年) - サイモン・シャーマ "Rough Crossings: Britain, the Slaves and the American Revolution" 第32回 (2007年) - ハリエット・A・ワシントン "Medical Apartheid: The Dark History of Medical Experimentation on Black Americans From Colonial Times to the Present" 第33回 (2008年) - en:Dexter Filkins "The Forever War" 第34回 (2009年) - Richard Holmes "The Age of Wonder: How the Romantic Generation Discovered the Beauty and Terror of Science" 第35回 (2010年) - en:Isabel Wilkerson "The Warmth of Other Suns: The Epic Story of America's Great Migration" 第36回 (2011年) - en:Maya Jasanoff "Liberty's Exiles: American Loyalists in the Revolutionary World" 第37回 (2012年) - en:Andrew Solomon "Far from the Tree: Parents, Children, and the Search for Identity" 第37回 (2013年) - en:Sheri Fink "Five Days at Memorial: Life and Death in a Storm-Ravaged Hospital" 第37回 (2014年) - en:David Brion Davis "The Problem of Slavery in the Age of Emancipation" 伝記・自叙伝部門 第1回(1976年)から第7回(1982年)まで表彰なし 第8回 (1983年) - ジョイス・ジョンソン "Minor Characters" 第9回 (1984年) - ジョゼフ・フランク "The Years of Ordeal, 1850-1859" 第10回 (1985年) - レオン・エデル "Henry James: A Life" 第11回 (1986年) - セオドア・ローゼンガーテン "Tombee: Portrait of a Cotton Planter" 第12回 (1987年) - ドナルド・R・ハワード "Chaucer: His Life, His Works, His World" 第13回 (1988年) - リチャード・エルマン "Oscar Wilde" 第14回 (1989年) - ジェフリー・C・ワード "A First-Class Temperament: The Emergence of Franklin Roosevelt" 第15回 (1990年) - ロバート・キャロ "Means of Ascent: The Years of Lyndon Johnson, Vol. II" 第16回 (1991年) - フィリップ・ロス 『父の遺産』 "Patrimony: A True Story" 第17回 (1992年) - キャロル・ブライトマン "Writing Dangerously: Mary McCarthy and Her World" 第18回 (1993年) - エドマンド・ホワイト 『ジュネ伝』 "Genet" 第19回 (1994年) - マイケル・ギルモア 『心臓を貫かれて』 "Shot in the Heart" 第20回 (1995年) - ロバート・ポリート "Savage Art: A Biography of Jim Thompson" 第21回 (1996年) - フランク・マコート 『アンジェラの灰』 "Angela's Ashes" 第22回 (1997年) - ジェームズ・トビン "Ernie Pyle's War: America's Eyewitness to World War II" 第23回 (1998年) - シルヴィア・ナサー 『ビューティフル・マインド』 "A Beautiful Mind" 第24回 (1999年) - ヘンリー・ヴィンセック "The Hairstons: An American Family in Black and White" 第25回 (2000年) - ハーバート・ビックス 『昭和天皇』 "Hirohito and the Making of Modern Japan" 第26回 (2001年) - アダム・シスマン "Boswellís Presumptuous Task: The Making of the Life of Dr.Johnson" 第27回 (2002年) - ジャネット・ブラウン "Charles Darwin: The Power of Place, Vol. II" 第28回 (2003年) - ウィリアム・トーブマン "Khrushchev: The Man and His Era" 第29回 (2004年) - マーク・スティーヴンス、Annalyn Swan "De Kooning: An American Master" 2005年より伝記部門と自伝部門に分かれた = 伝記部門 = 2005年 en:Kai Bird、マーティン・シャーウィン 『オッペンハイマー―「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』 "American Prometheus: The Triumph and Tragedy of J. Robert Oppenheimer" 2006年 ジュリー・フィリップス '"James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon" 2007年 en:Tim Jeal "Stanley: The Impossible Life of Africa's Greatest Explorer" 2008年 en:Patrick French "The World is What it is: The Authorized Biography of V.S. Naipaul" 2009年 en:Blake Bailey "Cheever: A Life" 2010年 en:Sarah Bakewell "How To Live, Or A Life Of Montaigne" 2011年 ジョン・ルイス・ギャディス "George F. Kennan: An American Life" 2012年 en:Robert A. Caro "The Passage of Power: The Years of Lyndon Johnson" 2013年 en:Leo Damrosch "Jonathan Swift: His Life and His World" 2014年 en:John Lahr "Tennessee Williams: Mad Pilgrimage of the Flesh" = 自伝部門 = 2005年 Francine du Plessix Gray "Them: A Memoir of Parents" 2006年 Daniel Mendelsohn "The Lost: A Search for Six of Six Million" 2007年 エドウィージ・ダンティカ 『愛するものたちへ、別れのとき』 "Brother, I'm Dying" 2008年 Ariel Sabar "My Father's Paradise: A Son's Search for His Jewish Past in Kurdish Iraq" 2009年 Diana Athill "Somewhere Towards the End" 2010年 en:Darin Strauss "Half a Life" 2011年 Mira Bartók "The Memory Palace" 2012年 en:Leanne Shapton "Swimming Studies" 2013年 en:Amy Wilentz "Farewell, Fred Voodoo: A Letter From Haiti" 2014年 en:Roz Chast "Can’t We Talk About Something More Pleasant?" 詩部門 第1回 (1976年) - ジョン・アッシュベリー "Self-Portrait in a Convex Mirror" 第2回 (1977年) - エリザベス・ビショップ "Geography III" 第3回 (1978年) - ロバート・ロウエル "Day By Day" 第4回 (1979年) - L・E・シスマン "The Collected Poems of L. E. Sissman" 第5回 (1980年) - フィリップ・ルヴィーン "Ashes / 7 Years From Somewhere" 第6回 (1981年) - A・R・アモンズ "A Coast of Trees" 第7回 (1982年) - カーサ・ポリット "Antarctic Traveler" 第8回 (1983年) - ジェイムズ・メリル "The Changing Light at Sandover" 第9回 (1984年) - シャロン・オールズ "The Dead and the Living" 第10回 (1985年) - ルイーズ・グラック "The Triumph of Achilles" 第11回 (1986年) - エドワード・ハーシュ "Wild Gratitude" 第12回 (1987年) - C・K・ウィリアムズ "Flesh and Blood" 第13回 (1988年) - ドナルド・ホール "That One Day" 第14回 (1989年) - ロドニー・ジョーンズ "Transparent Gestures" 第15回 (1990年) - エイミィ・ガースラー "Bitter Angel" 第16回 (1991年) - アルバート・ゴールドバース "Heaven and Earth: A Cosmology" 第17回 (1992年) - ヘイデン・カルース "Collected Shorter Poems 1946-1991" 第18回 (1993年) - マーク・ドティ "My Alexandria" 第19回 (1994年) - マーク・ルドマン "Rider," 第20回 (1995年) - ウィリアム・マシューズ "Time and Money" 第21回 (1996年) - ロバート・ハス "Sun Under Wood" 第22回 (1997年) - チャールズ・ライト "Black Zodiac" 第23回 (1998年) - マリー・ポンソ "The Bird Catcher" 第24回 (1999年) - ルース・ストーン "Ordinary Words" 第25回 (2000年) - ジュディ・ジョーダン "Carolina Ghost Woods" 第26回 (2001年) - アルバート・ゴールドバース "Saving Lives" 第27回 (2002年) - B・H・フェアチャイルド "Early Occult Memory Systems of the Lower Midwest " 第28回 (2003年) - スーザン・スチュワート "Columbarium" 第29回 (2004年) - アドリエンヌ・リッチ "The School Among the Ruins" 第30回 (2005年) - ジャック・グルバート "Refusing Heaven" 第31回 (2006年) - Troy Jollimore "Tom Thomson in Purgatory" 第32回 (2007年) - Mary Jo Bang "Elegy" 第33回 (2008年) - en:August Kleinzahler "Sleeping it Off in Rapid City", en:Juan Felipe Herrera "Half the World in Light" 第34回 (2009年) - Rae Armantrout "Versed" 第35回 (2010年) - en:Carolyn D. Wright "One With Others" 第36回 (2011年) - en:Laura Kasischke "Space, In Chains" 第37回 (2012年) - en:D. A. Powell "Useless Landscape, or A Guide for Boys" 第38回 (2013年) - en:Frank Bidart "Metaphysical Dog" 第39回 (2014年) - en:Claudia Rankine "Citizen: An American Lyric" 批評部門 第1回 (1976年) - ポール・ファッセル "The Great War and Modern Memory" 第2回 (1977年) - ブルーノ・ベッテルハイム 『昔話の魔力』 "The Uses of Enchantment" 第3回 (1978年) - スーザン・ソンタグ 『写真論』 "On Photography" 第4回 (1979年) - メイヤー・シャピロ 『モダン・アート:19-20世紀美術研究』 "Modern Art" 第5回 (1980年) - エレーヌ・ベイゲルス 『ナグ・ハマディ写本:初期キリスト教の正統と異端』 "The Gnostic Gospels" 第6回 (1981年) - ヴァージル・トムソン "A Virgil Thomson Reader" 第7回 (1982年) - ゴア・ヴィダル "The Second American Revolution and Other Essays" 第8回 (1983年) - ジョン・アップダイク "Hugging the Shore: Essays and Criticism" 第9回 (1984年) - ロバート・ハス "Twentieth Century Pleasures: Prose on Poetry" 第10回 (1985年) - ウィリアム・H・ガス "Habitations of the Word: Essays" 第11回 (1986年) - ヨシフ・ブロツキイ "Less Than One: Selected Essays" 第12回 (1987年) - ロバート・コーンフィールド&ウィリアム・マッケイ(編) "Dance Writings, Edwin Denby" 第13回 (1988年) - クリフォード・ギアーツ 『文化の読み方 / 書き方』 "Works and Lives: The Anthropologist as Author" 第14回 (1989年) - ジョン・クライヴ "Not by Fact Alone: Essays on the Writing and Reading of History" 第15回 (1990年) - アーサー・ダントー "Encounters and Reflections: Art in the Historical Present" 第16回 (1991年) - ローレンス・K・リンガー "Holocaust Testimonies: The Ruins of Memory" 第17回 (1992年) - ゲリー・ウィルズ 『リンカーンの三分間:ゲティズバーグ演説の謎』 "Lincoln at Gettysburg: The Words That Remade America" 第18回 (1993年) - ジョン・ディズィクス "Opera in America: A Cultural History" 第19回 (1994年) - ジェラルド・アーリー "The Culture of Bruising: Essays on Prizefighting, Literature and Modern American Culture" 第20回 (1995年) - ロバート・ダーントン "The Forbidden Best-Sellers of Pre-Revolutionary France" 第21回 (1996年) - ウィリアム・グラス "Finding a Form" 第22回 (1997年) - マリオ・バルガス・リョサ "Making Waves" 第23回 (1998年) - ゲリー・ギディンス "Visions of Jazz" 第24回 (1999年) - ホルヘ・ルイス・ボルヘス "Selected Non-Fictions" 第25回 (2000年) - シンシア・オジック "Quarrel & Quandary" 第26回 (2001年) - マーティン・エイミス "The War Against Cliché: Essays and Reviews, 1971-2000" 第27回 (2002年) - ウィリアム・グラス "Tests of Time" 第28回 (2003年) - レベッカ・ソルニット "River of Shadows: Eadweard Muybridge and the Technological Wild West" 第29回 (2004年) - Patrick Neate "Where You're At: Notes From the Frontline of a Hip-Hop Planet" 第30回 (2005年) - ウィリアム・ローガン "The Undiscovered Country: Poetry in the Age of Tin" 第31回 (2006年) - Lawrence Weschler "Everything That Rises: A Book of Convergences" 第32回 (2007年) - アレック・ロス "The Rest Is Noise: Listening to the Twentieth Century" 第33回 (2008年) - en:Seth Lerer "Children's Literature: A Readers' History: Reader's History from Aesop to Harry Potter" 第34回 (2009年) - en:Eula Biss "Notes From No Man's Land: American Essays" 第35回 (2010年) - Clare Cavanagh "Lyric Poetry and Modern Politics: Russia, Poland, and the West" 第36回 (2011年) - en:Geoff Dyer "Otherwise Known as the Human Condition: Selected Essays and Reviews" 第37回 (2012年) - en:Marina Warner "Stranger Magic: Charmed States and the Arabian Nights" 第38回 (2013年) - en:Franco Moretti "Distant Reading" 第39回 (2014年) - en:Ellen Willis "The Essential Ellen Willis, edited by Nona Willis Aronowitz" 外部リンク national book critics circle。

受賞作一覧

1978

第3回

関連トピックス

【『なにかが首のまわりに』レビュー】“アフリカの女性”が味わう苦さや孤独感は、日本に生きる私たちと地続きなもの|サイゾーウーマン - サイゾーウーマン