受賞作ドットジェイピー

全米批評家協会賞

Wikipedia情報

全米批評家協会賞(National Book Critics Circle Awards)は、アメリカの文学賞の一つ。全米批評家協会(National Book Critics Circle)から、毎年優れた英語作品に対し、小説(Fiction)、ノンフィクション(General Non-Fiction)、伝記・自叙伝(Biography and Autobiograhy)・詩(Poetry)・批評(Criticism)の5つの部門ごとに表彰が行なわれる。 受賞作一覧 小説部門 第1回 (1976年) - E・L・ドクトロウ 『ラグタイム』 "Ragtime" 第2回 (1977年) - ジョン・ガードナー "October Light" 第3回 (1978年) - トニ・モリスン 『ソロモンの歌』 "Song of Solomon" 第4回 (1979年) - ジョン・チーヴァー 『橋の上の天使』 "The Stories of John Cheever" 第5回 (1980年) - トーマス・フラナガン "The Year of the French" 第6回 (1981年) - ジョン・アップダイク 『金持になったウサギ』 "Rabbit Is Rich" 第7回 (1982年) - スタンリー・エルキン "George Mills" 第8回 (1983年) - ウィリアム・ケネディ 『黄昏に燃えて』 "Ironweed" 第9回 (1984年) - ルイーズ・アードリック 『ラブ・メディシン』 "Love Medicine" 第10回 (1985年) - アン・タイラー 『アクシデンタル・ツーリスト』 "The Accidental Tourist" 第11回 (1986年) - レイノルズ・プライス "Kate Vaiden" 第12回 (1987年) - フィリップ・ロス 『背信の日々』 The Counterlife"" 第13回 (1988年) - バーラティ・ムーカジ 『ミドルマン』 "The Middleman and Other Stories" 第14回 (1989年) - E・L・ドクトロウ 『ビリー・バスゲイト』 "Billy Bathgate" 第15回 (1990年) - ジョン・アップダイク 『さようならウサギ』 "Rabbit at Rest" 第16回 (1991年) - ジェーン・スマイリー 『大農場』 "A Thousand Acres" 第17回 (1992年) - コーマック・マッカーシー 『すべての美しい馬』 "All the Pretty Horses" 第18回 (1993年) - アーネスト・J・ゲインズ 『ジェファーソンの死』 "A Lesson Before Dying" 第19回 (1994年) - キャロル・シールズ 『ストーン・ダイアリー』 "The Stone Diaries" 第20回 (1995年) - スタンリー・エルキン "Mrs. Ted Bliss" 第21回 (1996年) - ジーナ・ベリオー "Women in Their Beds" 第22回 (1997年) - ペネロピ・フィッツジェラルド "The Blue Flower" 第23回 (1998年) - アリス・マンロー "The Love of a Good Woman" 第24回 (1999年) - ジョナサン・レセム『マザーレス・ブルックリン』 "Motherless Brooklyn" 第25回 (2000年) - ジム・クレイス 『死んでいる』 "Being Dead" 第26回 (2001年) - W・G・ゼーバルト 『アウステルリッツ』 "Austerlitz" 第27回 (2002年) - イアン・マキューアン 『贖罪』 "Atonement" 第28回 (2003年) - エドワード・P・ジョーンズ "The Known World" 第29回 (2004年) - マリリン・ロビンソン "Gilead" 第30回 (2005年) - E.L.ドクトロウ "The March" 第31回 (2006年) - キラン・デサイ "The Inheritance of Loss" 第32回 (2007年) - ジュノ・ディアズ "The Brief Wondrous Life of Oscar Wao" 第33回 (2008年) - ロベルト・ボラーニョ 『2666』"2666" 第34回 (2009年) - ヒラリー・マンテル 『ウルフ・ホール』"Wolf Hall" 第35回 (2010年) - ジェニファー・イーガン "en:A Visit From the Goon Squad" 第36回 (2011年) - エディス・パールマン "en:Binocular Vision: New and Selected Stories" 第37回 (2012年) - en:Ben Fountain "Billy Lynn's Long Halftime Walk" 第38回 (2013年) - チママンダ・アディーチェ "Americanah" 第39回 (2014年) - マリリン・ロビンソン "Lila" ノンフィクション部門 第1回 (1976年) - R・W・B・ルイス "Edith Wharton" 第2回 (1977年) - マキシーン・ホン・キングストン 『チャイナタウンの女武者』 "The Woman Warrior" 第3回 (1978年) - ウォルター・ジャクソン・ベイト "Samuel Johnson" 第4回 (1979年) - モーリーン・ハウァド "Facts of Life" 第4回 (1979年) - ギャリー・ウィルズ "Inventing America" 第5回 (1980年) - テルフォード・テイラー "Munich: The Price of Peace" 第6回 (1981年) - スティーヴン・ジェイ・グールド 『人間の測りまちがい:差別の科学史』 "The Mismeasure of Man" 第7回 (1982年) - ロバート・キャロ "The Path of Power: The Years of Lyndon Johnson" 第8回 (1983年) - シーモア・M・ハーシュ "The Price of Power: Kissinger in the Nixon White House" 第9回 (1984年) - フリーマン・ダイソン 『核兵器と人間』 "Weapons and Hope" 第10回 (1985年) - J・アンソニー・ルーカス "Common Ground: A Turbulent Decade in the Lives of Three American Families" 第11回 (1986年) - ジョン・ダワー 『容赦なき戦争:太平洋戦争における人種差別』 "War Without Mercy: Race and Power in the Pacific War" 第12回 (1987年) - リチャード・ローズ 『原子爆弾の誕生』 "The Making of the Atomic Bomb" 第13回 (1988年) - テイラー・ブランチ "Parting the Waters: America in the King Years, 1954-63" 第14回 (1989年) - マイケル・ドリス "The Broken Cord" 第15回 (1990年) - シェルビー・スティール 『黒い憂鬱:90年代アメリカの新しい人種関係 』 "The Content of Our Character: A New Vision of Race in America" 第16回 (1991年) - スーザン・ファルーディ 『バックラッシュ:逆襲される女たち 』 "Backlash: The Undeclared War Against America Women" 第17回 (1992年) - ノーマン・マクリーン 『マクリーンの渓谷:若きスモークジャンパーたちの悲劇』 "Young Men and Fire" 第18回 (1993年) - アラン・ローマックス "The Land Where the Blues Began" 第19回 (1994年) - リン・H・ニコラス 『ヨーロッパの略奪:ナチス・ドイツ占領下における美術品の運命』 "The Rape of Europa: The Fate of Europe's Treasures in the Third Reich and the Second World War" 第20回 (1995年) - ジョナサン・ハー "A Civil Action" 第21回 (1996年) - ジョナサン・ラバン "Bad Land" 第22回 (1997年) - アン・ファディマン "The Spirit Catches You and You Fall Down" 第23回 (1998年) - フィリップ・ゴーレイヴィッチ 『ジェノサイドの丘:ルワンダ虐殺の隠された真実』 "We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With Our Families" 第24回 (1999年) - ジョナサン・ワイナー 『時間・愛・記憶の遺伝子を求めて:生物学者シーモア・ベンザーの軌跡』 "Time, Love, Memory: A Great Biologist and His Quest for the Origins of Behavior" 第25回 (2000年) - テッド・コノヴァー "Newjack: Guarding Sing Sing" 第26回 (2001年) - ニコルソン・ベイカー "Double Fold: Libraries and the Assault on Paper" 第27回 (2002年) - サマンサ・パワー "“A Problem from Hell”: America and the Age of Genocide" 第28回 (2003年) - ポール・ヘンドリクソン "Sons of Mississippi" 第29回 (2004年) - Diarmaid MacCulloch "The Reformation: A History" 第30回 (2005年) - スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ "Voices from Chernobyl: The Oral History of a Nuclear Disaster" 第31回 (2006年) - サイモン・シャーマ "Rough Crossings: Britain, the Slaves and the American Revolution" 第32回 (2007年) - ハリエット・A・ワシントン "Medical Apartheid: The Dark History of Medical Experimentation on Black Americans From Colonial Times to the Present" 第33回 (2008年) - en:Dexter Filkins "The Forever War" 第34回 (2009年) - Richard Holmes "The Age of Wonder: How the Romantic Generation Discovered the Beauty and Terror of Science" 第35回 (2010年) - en:Isabel Wilkerson "The Warmth of Other Suns: The Epic Story of America's Great Migration" 第36回 (2011年) - en:Maya Jasanoff "Liberty's Exiles: American Loyalists in the Revolutionary World" 第37回 (2012年) - en:Andrew Solomon "Far from the Tree: Parents, Children, and the Search for Identity" 第37回 (2013年) - en:Sheri Fink "Five Days at Memorial: Life and Death in a Storm-Ravaged Hospital" 第37回 (2014年) - en:David Brion Davis "The Problem of Slavery in the Age of Emancipation" 伝記・自叙伝部門 第1回(1976年)から第7回(1982年)まで表彰なし 第8回 (1983年) - ジョイス・ジョンソン "Minor Characters" 第9回 (1984年) - ジョゼフ・フランク "The Years of Ordeal, 1850-1859" 第10回 (1985年) - レオン・エデル "Henry James: A Life" 第11回 (1986年) - セオドア・ローゼンガーテン "Tombee: Portrait of a Cotton Planter" 第12回 (1987年) - ドナルド・R・ハワード "Chaucer: His Life, His Works, His World" 第13回 (1988年) - リチャード・エルマン "Oscar Wilde" 第14回 (1989年) - ジェフリー・C・ワード "A First-Class Temperament: The Emergence of Franklin Roosevelt" 第15回 (1990年) - ロバート・キャロ "Means of Ascent: The Years of Lyndon Johnson, Vol. II" 第16回 (1991年) - フィリップ・ロス 『父の遺産』 "Patrimony: A True Story" 第17回 (1992年) - キャロル・ブライトマン "Writing Dangerously: Mary McCarthy and Her World" 第18回 (1993年) - エドマンド・ホワイト 『ジュネ伝』 "Genet" 第19回 (1994年) - マイケル・ギルモア 『心臓を貫かれて』 "Shot in the Heart" 第20回 (1995年) - ロバート・ポリート "Savage Art: A Biography of Jim Thompson" 第21回 (1996年) - フランク・マコート 『アンジェラの灰』 "Angela's Ashes" 第22回 (1997年) - ジェームズ・トビン "Ernie Pyle's War: America's Eyewitness to World War II" 第23回 (1998年) - シルヴィア・ナサー 『ビューティフル・マインド』 "A Beautiful Mind" 第24回 (1999年) - ヘンリー・ヴィンセック "The Hairstons: An American Family in Black and White" 第25回 (2000年) - ハーバート・ビックス 『昭和天皇』 "Hirohito and the Making of Modern Japan" 第26回 (2001年) - アダム・シスマン "Boswellís Presumptuous Task: The Making of the Life of Dr.Johnson" 第27回 (2002年) - ジャネット・ブラウン "Charles Darwin: The Power of Place, Vol. II" 第28回 (2003年) - ウィリアム・トーブマン "Khrushchev: The Man and His Era" 第29回 (2004年) - マーク・スティーヴンス、Annalyn Swan "De Kooning: An American Master" 2005年より伝記部門と自伝部門に分かれた = 伝記部門 = 2005年 en:Kai Bird、マーティン・シャーウィン 『オッペンハイマー―「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇』 "American Prometheus: The Triumph and Tragedy of J. Robert Oppenheimer" 2006年 ジュリー・フィリップス '"James Tiptree, Jr.: The Double Life of Alice B. Sheldon" 2007年 en:Tim Jeal "Stanley: The Impossible Life of Africa's Greatest Explorer" 2008年 en:Patrick French "The World is What it is: The Authorized Biography of V.S. Naipaul" 2009年 en:Blake Bailey "Cheever: A Life" 2010年 en:Sarah Bakewell "How To Live, Or A Life Of Montaigne" 2011年 ジョン・ルイス・ギャディス "George F. Kennan: An American Life" 2012年 en:Robert A. Caro "The Passage of Power: The Years of Lyndon Johnson" 2013年 en:Leo Damrosch "Jonathan Swift: His Life and His World" 2014年 en:John Lahr "Tennessee Williams: Mad Pilgrimage of the Flesh" = 自伝部門 = 2005年 Francine du Plessix Gray "Them: A Memoir of Parents" 2006年 Daniel Mendelsohn "The Lost: A Search for Six of Six Million" 2007年 エドウィージ・ダンティカ 『愛するものたちへ、別れのとき』 "Brother, I'm Dying" 2008年 Ariel Sabar "My Father's Paradise: A Son's Search for His Jewish Past in Kurdish Iraq" 2009年 Diana Athill "Somewhere Towards the End" 2010年 en:Darin Strauss "Half a Life" 2011年 Mira Bartók "The Memory Palace" 2012年 en:Leanne Shapton "Swimming Studies" 2013年 en:Amy Wilentz "Farewell, Fred Voodoo: A Letter From Haiti" 2014年 en:Roz Chast "Can’t We Talk About Something More Pleasant?" 詩部門 第1回 (1976年) - ジョン・アッシュベリー "Self-Portrait in a Convex Mirror" 第2回 (1977年) - エリザベス・ビショップ "Geography III" 第3回 (1978年) - ロバート・ロウエル "Day By Day" 第4回 (1979年) - L・E・シスマン "The Collected Poems of L. E. Sissman" 第5回 (1980年) - フィリップ・ルヴィーン "Ashes / 7 Years From Somewhere" 第6回 (1981年) - A・R・アモンズ "A Coast of Trees" 第7回 (1982年) - カーサ・ポリット "Antarctic Traveler" 第8回 (1983年) - ジェイムズ・メリル "The Changing Light at Sandover" 第9回 (1984年) - シャロン・オールズ "The Dead and the Living" 第10回 (1985年) - ルイーズ・グラック "The Triumph of Achilles" 第11回 (1986年) - エドワード・ハーシュ "Wild Gratitude" 第12回 (1987年) - C・K・ウィリアムズ "Flesh and Blood" 第13回 (1988年) - ドナルド・ホール "That One Day" 第14回 (1989年) - ロドニー・ジョーンズ "Transparent Gestures" 第15回 (1990年) - エイミィ・ガースラー "Bitter Angel" 第16回 (1991年) - アルバート・ゴールドバース "Heaven and Earth: A Cosmology" 第17回 (1992年) - ヘイデン・カルース "Collected Shorter Poems 1946-1991" 第18回 (1993年) - マーク・ドティ "My Alexandria" 第19回 (1994年) - マーク・ルドマン "Rider," 第20回 (1995年) - ウィリアム・マシューズ "Time and Money" 第21回 (1996年) - ロバート・ハス "Sun Under Wood" 第22回 (1997年) - チャールズ・ライト "Black Zodiac" 第23回 (1998年) - マリー・ポンソ "The Bird Catcher" 第24回 (1999年) - ルース・ストーン "Ordinary Words" 第25回 (2000年) - ジュディ・ジョーダン "Carolina Ghost Woods" 第26回 (2001年) - アルバート・ゴールドバース "Saving Lives" 第27回 (2002年) - B・H・フェアチャイルド "Early Occult Memory Systems of the Lower Midwest " 第28回 (2003年) - スーザン・スチュワート "Columbarium" 第29回 (2004年) - アドリエンヌ・リッチ "The School Among the Ruins" 第30回 (2005年) - ジャック・グルバート "Refusing Heaven" 第31回 (2006年) - Troy Jollimore "Tom Thomson in Purgatory" 第32回 (2007年) - Mary Jo Bang "Elegy" 第33回 (2008年) - en:August Kleinzahler "Sleeping it Off in Rapid City", en:Juan Felipe Herrera "Half the World in Light" 第34回 (2009年) - Rae Armantrout "Versed" 第35回 (2010年) - en:Carolyn D. Wright "One With Others" 第36回 (2011年) - en:Laura Kasischke "Space, In Chains" 第37回 (2012年) - en:D. A. Powell "Useless Landscape, or A Guide for Boys" 第38回 (2013年) - en:Frank Bidart "Metaphysical Dog" 第39回 (2014年) - en:Claudia Rankine "Citizen: An American Lyric" 批評部門 第1回 (1976年) - ポール・ファッセル "The Great War and Modern Memory" 第2回 (1977年) - ブルーノ・ベッテルハイム 『昔話の魔力』 "The Uses of Enchantment" 第3回 (1978年) - スーザン・ソンタグ 『写真論』 "On Photography" 第4回 (1979年) - メイヤー・シャピロ 『モダン・アート:19-20世紀美術研究』 "Modern Art" 第5回 (1980年) - エレーヌ・ベイゲルス 『ナグ・ハマディ写本:初期キリスト教の正統と異端』 "The Gnostic Gospels" 第6回 (1981年) - ヴァージル・トムソン "A Virgil Thomson Reader" 第7回 (1982年) - ゴア・ヴィダル "The Second American Revolution and Other Essays" 第8回 (1983年) - ジョン・アップダイク "Hugging the Shore: Essays and Criticism" 第9回 (1984年) - ロバート・ハス "Twentieth Century Pleasures: Prose on Poetry" 第10回 (1985年) - ウィリアム・H・ガス "Habitations of the Word: Essays" 第11回 (1986年) - ヨシフ・ブロツキイ "Less Than One: Selected Essays" 第12回 (1987年) - ロバート・コーンフィールド&ウィリアム・マッケイ(編) "Dance Writings, Edwin Denby" 第13回 (1988年) - クリフォード・ギアーツ 『文化の読み方 / 書き方』 "Works and Lives: The Anthropologist as Author" 第14回 (1989年) - ジョン・クライヴ "Not by Fact Alone: Essays on the Writing and Reading of History" 第15回 (1990年) - アーサー・ダントー "Encounters and Reflections: Art in the Historical Present" 第16回 (1991年) - ローレンス・K・リンガー "Holocaust Testimonies: The Ruins of Memory" 第17回 (1992年) - ゲリー・ウィルズ 『リンカーンの三分間:ゲティズバーグ演説の謎』 "Lincoln at Gettysburg: The Words That Remade America" 第18回 (1993年) - ジョン・ディズィクス "Opera in America: A Cultural History" 第19回 (1994年) - ジェラルド・アーリー "The Culture of Bruising: Essays on Prizefighting, Literature and Modern American Culture" 第20回 (1995年) - ロバート・ダーントン "The Forbidden Best-Sellers of Pre-Revolutionary France" 第21回 (1996年) - ウィリアム・グラス "Finding a Form" 第22回 (1997年) - マリオ・バルガス・リョサ "Making Waves" 第23回 (1998年) - ゲリー・ギディンス "Visions of Jazz" 第24回 (1999年) - ホルヘ・ルイス・ボルヘス "Selected Non-Fictions" 第25回 (2000年) - シンシア・オジック "Quarrel & Quandary" 第26回 (2001年) - マーティン・エイミス "The War Against Cliché: Essays and Reviews, 1971-2000" 第27回 (2002年) - ウィリアム・グラス "Tests of Time" 第28回 (2003年) - レベッカ・ソルニット "River of Shadows: Eadweard Muybridge and the Technological Wild West" 第29回 (2004年) - Patrick Neate "Where You're At: Notes From the Frontline of a Hip-Hop Planet" 第30回 (2005年) - ウィリアム・ローガン "The Undiscovered Country: Poetry in the Age of Tin" 第31回 (2006年) - Lawrence Weschler "Everything That Rises: A Book of Convergences" 第32回 (2007年) - アレック・ロス "The Rest Is Noise: Listening to the Twentieth Century" 第33回 (2008年) - en:Seth Lerer "Children's Literature: A Readers' History: Reader's History from Aesop to Harry Potter" 第34回 (2009年) - en:Eula Biss "Notes From No Man's Land: American Essays" 第35回 (2010年) - Clare Cavanagh "Lyric Poetry and Modern Politics: Russia, Poland, and the West" 第36回 (2011年) - en:Geoff Dyer "Otherwise Known as the Human Condition: Selected Essays and Reviews" 第37回 (2012年) - en:Marina Warner "Stranger Magic: Charmed States and the Arabian Nights" 第38回 (2013年) - en:Franco Moretti "Distant Reading" 第39回 (2014年) - en:Ellen Willis "The Essential Ellen Willis, edited by Nona Willis Aronowitz" 外部リンク national book critics circle。

受賞作一覧

2019

第44回

2018

第43回

2017

第42回

2016

第41回

2015

第40回

2014

第39回

2013

第38回

2012

第37回

2011

第36回

2010

第35回

2009

第34回

2008

第33回

2007

第32回

2006

第31回

2005

第30回

2004

第29回

2003

第28回

2002

第27回

2001

第26回

2000

第25回

1999

第24回

1998

第23回

1997

第22回

1996

第21回

1995

第20回

1994

第19回

1993

第18回

1992

第17回

1991

第16回

1990

第15回

1989

第14回

1988

第13回

1987

第12回

1986

第11回

1985

第10回

1984

第9回

1983

第8回

1982

第7回

1981

第6回

1980

第5回

1979

第4回

1978

第3回

1977

第2回

1976

第1回

関連トピックス

BLM運動で再燃する差別問題、文学が社会に訴えてきた言葉をつなぐメロディ(MusicVoice) - Yahoo!ニュース 新型コロナの影響でSAG賞も延期 - 映画.com なぜこうなった!? 芸術的すぎる「ポーランドの映画ポスター」展覧会開催中! あの日本映画も大胆解釈 | 映画 - BANGER!!!(バンガー!!!)映画評論・情報サイト