受賞作ドットジェイピー

ノーベル文学賞

Wikipedia情報

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。 アルフレッド・ノーベルは少年時代から文学に関心を持っており、特にバイロンとシェリーの詩に熱中して自らも詩を書いており、晩年になっても戯曲「ネメシス」を書くなど文学熱は冷めなかった。またスウェーデン語、フランス語、ロシア語、英語、ドイツ語、イタリア語に堪能であり、外国の文学作品の翻訳も趣味にしていた。 このためノーベル賞の構想時にも、科学だけでなく文学も人類にとって重要であると認識し、遺言の中で「理想的な方向性の (in an ideal direction)」文学を表彰の対象に含めた。

受賞作一覧

2019

第119回

2018

第118回

2017

第117回

2016

第116回

2015

第115回

2014

第114回

2013

第113回

2012

第112回

2011

第111回

2010

第110回

2009

第109回

2008

第108回

2007

第107回

2006

第106回

2005

第105回

2004

第104回

2003

第103回

2002

第102回

2001

第101回

2000

第100回

1999

第99回

1998

第98回

1997

第97回

1996

第96回

1995

第95回

1994

第94回

1993

第93回

1992

第92回

1991

第91回

1990

第90回

1989

第89回

1988

第88回

1987

第87回

1986

第86回

1985

第85回

1984

第84回

1983

第83回

1982

第82回

1981

第81回

1980

第80回

1979

第79回

1978

第78回

1977

第77回

1976

第76回

1975

第75回

1974

第74回

1973

第73回

1972

第72回

1971

第71回

1970

第70回

1969

第69回

1968

第68回

1967

第67回

1966

第66回

1965

第65回

1964

第64回

1963

第63回

1962

第62回

1961

第61回

1960

第60回

1959

第59回

1958

第58回

1957

第57回

1956

第56回

1955

第55回

1954

第54回

1953

第53回

1952

第52回

1951

第51回

1950

第50回

1949

第49回

1948

第48回

1947

第47回

1946

第46回

1945

第45回

1944

第44回

1939

第39回

1938

第38回

1937

第37回

1936

第36回

1934

第34回

1933

第33回

1932

第32回

1931

第31回

1930

第30回

1929

第29回

1928

第28回

1927

第27回

1926

第26回

1925

第25回

1924

第24回

1923

第23回

1922

第22回

1921

第21回

1920

第20回

1919

第19回

1917

第17回

1916

第16回

1915

第15回

1913

第13回

1912

第12回

1911

第11回

1910

第10回

1909

第9回

1908

第8回

1907

第7回

1906

第6回

1905

第5回

1904

第4回

1903

第3回

1902

第2回

1901

第1回

関連トピックス

ノーベル文学賞・ハントケ氏にバルカン諸国が抗議…元ユーゴ大統領を擁護 - 読売新聞 ノーベル文学賞受賞作家の妻の「誰にも漏らさぬ秘密」と自尊心 - Forbes JAPAN コソボ、ノーベル文学賞のハントケ氏を入国禁止に - AFPBB News 【2019ノーベル文学賞】 トルコ大統領府カルン報道官が取り消しを呼びかけ - TRT 日本語 ノーベル文学賞選考団体、外部2委員が辞任 異論や不満 - 朝日新聞 ノーベル文学賞ハントケ氏を入国禁止 セルビア擁護で非難―コソボ - 時事通信ニュース 【速報】 エルドアン大統領がノーベル文学賞に反発 - TRT 日本語 【2019ノーベル文学賞】 トルコ国防省が非難のツイート - TRT 日本語 ノーベル文学賞、選考委員が辞任 - 神戸新聞 文学賞に抗議、式典欠席 選考主体メンバー - 日本経済新聞 駐スウェーデン・トルコ大使もノーベル賞授賞式を欠席へ - TRT 日本語 コソボ、ノーベル賞受賞式不参加を表明 - TRT 日本語 【ビブリオエッセー】霧に奪われた記憶をめぐる旅 「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳(ハヤカワepi文庫) - 産経ニュース 【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2019年12月11日 - TRT 日本語 臓器移植する人、される人──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(18) - The Liberty Web 映画『キャッツ』人気ミュージカル作品がハリウッド実写化 - 財経新聞 猫たちが歌い、踊る、“一生に一度の特別な一夜”へようこそ。映画『キャッツ』新予告&ポスタービジュアルが到着!! - スクリーンオンライン “ヒゲダン”藤原聡、『キャッツ』で映画初出演 ワイルド猫の吹き替え挑戦 - クランクイン!