受賞作ドットジェイピー

ノーベル文学賞

Wikipedia情報

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう、(スウェーデン語: Nobelpriset i litteratur)は、ノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時に受賞者となっている。

受賞作一覧

2021

第121回

2020

第120回

2019

第119回

2018

第118回

2017

第117回

2016

第116回

2015

第115回

2014

第114回

2013

第113回

2012

第112回

2011

第111回

2010

第110回

2009

第109回

2008

第108回

2007

第107回

2006

第106回

2005

第105回

2004

第104回

2003

第103回

2002

第102回

2001

第101回

2000

第100回

1999

第99回

1998

第98回

1997

第97回

1996

第96回

1995

第95回

1994

第94回

1993

第93回

1992

第92回

1991

第91回

1990

第90回

1989

第89回

1988

第88回

1987

第87回

1986

第86回

1985

第85回

1984

第84回

1983

第83回

1982

第82回

1981

第81回

1980

第80回

1979

第79回

1978

第78回

1977

第77回

1976

第76回

1975

第75回

1974

第74回

1973

第73回

1972

第72回

1971

第71回

1970

第70回

1969

第69回

1968

第68回

1967

第67回

1966

第66回

1965

第65回

1964

第64回

1963

第63回

1962

第62回

1961

第61回

1960

第60回

1959

第59回

1958

第58回

1957

第57回

1956

第56回

1955

第55回

1954

第54回

1953

第53回

1952

第52回

1951

第51回

1950

第50回

1949

第49回

1948

第48回

1947

第47回

1946

第46回

1945

第45回

1944

第44回

1939

第39回

1938

第38回

1937

第37回

1936

第36回

1934

第34回

1933

第33回

1932

第32回

1931

第31回

1930

第30回

1929

第29回

1928

第28回

1927

第27回

1926

第26回

1925

第25回

1924

第24回

1923

第23回

1922

第22回

1921

第21回

1920

第20回

1919

第19回

1917

第17回

1916

第16回

1915

第15回

1913

第13回

1912

第12回

1911

第11回

1910

第10回

1909

第9回

1908

第8回

1907

第7回

1906

第6回

1905

第5回

1904

第4回

1903

第3回

1902

第2回

1901

第1回

関連トピックス

【豪華訳者陣による唯一無二の新訳!】フォークナーをノーベル賞に導いた奇跡の選集『ポータブル・フォークナー』、本日9月22日発売! - PR TIMES ノーベル賞 “有力候補に日本人3人” 英学術情報会社が発表 - nhk.or.jp ノーベル賞、どう決まる? - 日本経済新聞 川端康成など1000人余りの直筆の手紙が日本点字図書館に|NHK 首都圏のニュース - nhk.or.jp 川端康成など著名作家 直筆の書簡 点字図書館に多数保管が判明 - nhk.or.jp 加賀まりこ、川端康成に口説かれる スカート少しめくれ「もうちょっと持ち上げて」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 千葉工業大学の研究グループ「イグ・ノーベル賞」工学賞受賞|NHK 千葉県のニュース - nhk.or.jp 加賀まりこ ノーベル賞作家に説教も気に入られた過去「この方に偉そうな口を利く人、いないから」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 【心斎橋PARCO】16年連続の日本人受賞!本年度受賞研究の展示を準備中!「イグ・ノーベル賞の世界展2022」 - PR TIMES 柏原兵三新資料5685点 - 読売新聞オンライン 最高傑作だと思う村上春樹の著書ランキング!3位 海辺のカフカ、2位1Q84、1位は? - Peachy(ピーチィ) - ライブドアニュース - livedoor ノーベル賞有力候補に日本人3人、英科学情報会社「クラリベイト」発表(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 中国文学は李白と莫言だけ?問われる海外進出 - AFPBB News 柳美里さん、バークレー日本賞を受賞 日本文化の理解醸成に貢献(福島民友新聞) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 面白くて考えさせられる研究に贈られるイグノーベル賞2022年度受賞者まとめ、連続16人目の日本人受賞も - GIGAZINE(ギガジン) 闘論席:AIの発明をAIが審査する日に向けて 池谷裕二 | 週刊エコノミスト Online - 週刊エコノミスト Online ハビエル・マリアス氏死去 スペインの代表的作家|秋田魁新報電子版 - 秋田魁新報電子版 小悪魔キャラの元祖・加賀まりこ、ダウンタウンは松本派「楽屋までおんぶを…」【ダウンタウンDX】(Lmaga.jp) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 質問なるほドリ:ノーベル賞の賞金、何に使われてるの? 寄付や趣味など多様 離婚慰謝料や養育費も=回答・鈴木理之 - 毎日新聞 巖さんがはいていたことにされた「緑のブリーフ」の矛盾【袴田事件と世界一の姉】(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 英国リメイク版『生きる』はビル・ナイのために書かれた!:第47回トロント国際映画祭(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 第35回東京国際映画祭のラインアップが発表「パトレイバー2」、『メガゾーン23』、『ウルトラセブン』の上映も - IGN Japan