受賞作ドットジェイピー

ノーベル文学賞

Wikipedia情報

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。 アルフレッド・ノーベルは少年時代から文学に関心を持っており、特にバイロンとシェリーの詩に熱中して自らも詩を書いており、晩年になっても戯曲「ネメシス」を書くなど文学熱は冷めなかった。またスウェーデン語、フランス語、ロシア語、英語、ドイツ語、イタリア語に堪能であり、外国の文学作品の翻訳も趣味にしていた。 このためノーベル賞の構想時にも、科学だけでなく文学も人類にとって重要であると認識し、遺言の中で「理想的な方向性の (in an ideal direction)」文学を表彰の対象に含めた。

受賞作一覧

2019

第119回

2018

第118回

2017

第117回

2016

第116回

2015

第115回

2014

第114回

2013

第113回

2012

第112回

2011

第111回

2010

第110回

2009

第109回

2008

第108回

2007

第107回

2006

第106回

2005

第105回

2004

第104回

2003

第103回

2002

第102回

2001

第101回

2000

第100回

1999

第99回

1998

第98回

1997

第97回

1996

第96回

1995

第95回

1994

第94回

1993

第93回

1992

第92回

1991

第91回

1990

第90回

1989

第89回

1988

第88回

1987

第87回

1986

第86回

1985

第85回

1984

第84回

1983

第83回

1982

第82回

1981

第81回

1980

第80回

1979

第79回

1978

第78回

1977

第77回

1976

第76回

1975

第75回

1974

第74回

1973

第73回

1972

第72回

1971

第71回

1970

第70回

1969

第69回

1968

第68回

1967

第67回

1966

第66回

1965

第65回

1964

第64回

1963

第63回

1962

第62回

1961

第61回

1960

第60回

1959

第59回

1958

第58回

1957

第57回

1956

第56回

1955

第55回

1954

第54回

1953

第53回

1952

第52回

1951

第51回

1950

第50回

1949

第49回

1948

第48回

1947

第47回

1946

第46回

1945

第45回

1944

第44回

1939

第39回

1938

第38回

1937

第37回

1936

第36回

1934

第34回

1933

第33回

1932

第32回

1931

第31回

1930

第30回

1929

第29回

1928

第28回

1927

第27回

1926

第26回

1925

第25回

1924

第24回

1923

第23回

1922

第22回

1921

第21回

1920

第20回

1919

第19回

1917

第17回

1916

第16回

1915

第15回

1913

第13回

1912

第12回

1911

第11回

1910

第10回

1909

第9回

1908

第8回

1907

第7回

1906

第6回

1905

第5回

1904

第4回

1903

第3回

1902

第2回

1901

第1回

関連トピックス

眞島秀和、大空ゆうひ、小島聖ら出演 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの代表作『日の名残り』を朗読劇として上演 - http://spice.eplus.jp/ 川端康成が命を絶ったマンションの一室、売りに出され成約していた…高まる事故物件需要 - Business Journal 朗読劇『日の名残り』プレスリリース (2020年7月30日) - エキサイトニュース 新型コロナウイルスの時代、ボブ・ディランの歌をいまこそじっくり聴きたい。いや、歌いたい―ボブ・ディラン『The Lyrics 1961-1973』沼野 充義による書評(ALL REVIEWS) - Yahoo!ニュース 「三島由紀夫がいかに生きたのか…」ドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」監督&プロデューサー対談(TOKYO FM+) - Yahoo!ニュース 絵本で問いかけ、いじめ・差別 アフリカ系米ノーベル賞作家、故トニ・モリスンさん - 中日新聞 「タゴール・ソングス」佐々木美佳監督(福井県出身) 人生に寄り添う歌 - 中日新聞 三浦春馬をすべてみる 二十代の幅広い演技はやがて「深遠なる闇」に近づいていく(堀井憲一郎) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「EU首脳会議」が「誕生日」メルケル独首相に贈られた「プレゼント」の意味:西川恵 | 饗宴外交の舞台裏 - 新潮社 フォーサイト 様々な角度からじっくり見比べたい演劇3選/ホーム・シアトリカル・ホーム~自宅カンゲキ1-2-3 [vol.34] <演劇編> - めるも あらゆる越境者を星から見つめる 作家・多和田 葉子のまなざし - SPUR.JP