受賞作ドットジェイピー

第11回司馬遼太郎賞

Wikipedia情報

司馬遼太郎賞(しばりょうたろうしょう)は、財団法人・司馬遼太郎記念財団が主催する文芸・学芸・ジャーナリズムを対象とした賞。第8回までは人やグループに対して授与されていた。第9回より小説・評論を対象とした著作に授与されている。 毎年年末に発表され、翌年2月12日(菜の花忌:司馬遼太郎の命日)に菜の花忌シンポジウムの会場で授賞式が行われる。選考は、 最初に、報道機関関係者・作家・学者・文化人にアンケートをして候補作品を選び、 次に、司馬遼太郎記念財団を構成するマスコミ11社の候補選定委員会がアンケート結果から候補を選定し、 最終的に、選定作品の中から選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与される。 選考委員 2016年(平成28年)の選考委員 井上章一 後藤正治 辻原登 柳田邦男過去の選考委員 青木彰 井上ひさし 関川夏央 陳舜臣 ドナルド・キーン 松本健一 養老孟司 ほか 受賞者一覧 第1回から第8回まで 第9回から 脚注 外部リンク 司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎賞 菜の花忌 司馬遼太郎記念財団。

受賞作一覧

2007

第11回

関連トピックス

歴史小説に新風を巻き起こす! 佐々木功の新作を紹介!(Book Bang) - Yahoo!ニュース 小林秀雄から美空ひばり、ミシェル・フーコーに及ぶ27名の死に際して書かれた文の集成 - 日刊アメーバニュース 西のサムライ・山像信夫さんの口癖は「理屈よりロマン」:イザ! - iza(イザ!) コロナ禍の日本を舞台にしたリレー連載「Day to Day」、全100名の著者が決定!夏休み中の子どもたちに向けた新企画「Story for you」もスタート! - PR TIMES 特集ワイド:この国はどこへ コロナの時代に 作家・小谷野敦さん 耐える以外、意味はない 何も言わずにいるのも必要 - 毎日新聞 “読後感最悪小説集”「怖い患者」刊行 久坂部羊×吉村萬壱対談(Book Bang) - Yahoo!ニュース