受賞作ドットジェイピー

第23回司馬遼太郎賞

Wikipedia情報

司馬遼太郎賞(しばりょうたろうしょう)は、財団法人・司馬遼太郎記念財団が主催する文芸・学芸・ジャーナリズムを対象とした賞。第8回までは人やグループに対して授与されていた。第9回より小説・評論を対象とした著作に授与されている。 毎年年末に発表され、翌年2月12日(菜の花忌:司馬遼太郎の命日)に菜の花忌シンポジウムの会場で授賞式が行われる。選考は、 最初に、報道機関関係者・作家・学者・文化人にアンケートをして候補作品を選び、 次に、司馬遼太郎記念財団を構成するマスコミ11社の候補選定委員会がアンケート結果から候補を選定し、 最終的に、選定作品の中から選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与される。 選考委員 2016年(平成28年)の選考委員 井上章一 後藤正治 辻原登 柳田邦男過去の選考委員 青木彰 井上ひさし 関川夏央 陳舜臣 ドナルド・キーン 松本健一 養老孟司 ほか 受賞者一覧 第1回から第8回まで 第9回から 脚注 外部リンク 司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎賞 菜の花忌 司馬遼太郎記念財団。

受賞作一覧

2019

第23回

関連トピックス

「受賞作なし」の説明が欲しい吉川英治文学賞〈トヨザキ社長のヤツザキ文学賞〉(Book Bang) - Yahoo!ニュース 累計870万部突破! 21世紀で一番売れてる時代小説「しゃばけ」シリーズが、ついに全点「電子書籍化」! - PR TIMES 【解説・宮部みゆき】 徳一さん(72)の日常を綴る本作から教えられた、なにげない日々の尊さ。 そしてフィクションの力。京極夏彦『オジいサン』(Book Bang) - Yahoo!ニュース “樺太に生きる民族”に光をあてた直木賞「熱源」 | ベストセラーを歩く | 重里徹也 - 毎日新聞 医学の進歩は幸せなのか――医療と社会の未来をブラックユーモアたっぷりに描く7篇『黒医』(Book Bang) - Yahoo!ニュース 浅田次郎が語る、物語作家としての主義 「天然の美しさを無視して小説は成立しない」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース