受賞作ドットジェイピー

第21回日刊スポーツ映画大賞

Wikipedia情報

日刊スポーツ映画大賞(にっかんスポーツえいがたいしょう)は、1988年に設立された日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞である。対象は日本で劇場公開された優秀な映画である。受賞者は毎年11月末に発表され授賞式は12月末にホテルニューオータニの宴会場で行われる。 石原裕次郎賞(いしはらゆうじろうしょう)・石原裕次郎新人賞(いしはらゆうじろうしんじんしょう)は、1987年に亡くなった日本を代表する映画スター石原裕次郎の遺志を引き継ぎ、日刊スポーツ映画大賞に併設された賞である。石原プロモーションが運営に全面協力している。その年に最もファンの支持を得たスケールの大きな作品に贈られるのが石原裕次郎賞であり、裕次郎を彷彿とさせる将来性豊かな新人に贈られるのが石原裕次郎新人賞である。賞金はそれぞれ300万円、100万円となっている。 受賞者 監督賞・作品賞・外国作品賞 主演女優賞・主演男優賞・助演女優賞・助演男優賞 新人賞・特別賞・石原裕次郎賞・石原裕次郎新人賞 選考委員 2014年現在(五十音順)。

受賞作一覧

2008

第21回

関連トピックス

石原軍団の神田穣は誠実で気さく「愛される人間」 - ニッカンスポーツ 映画、人間、社会問題 その不可分な関係性:国内独立系映画の旗手、スターサンズ社長がいま語ること - WIRED.jp あなたのひとくちが、ニッポンを元気にする。「#元気いただきますプロジェクト」 - 紀伊民報