受賞作ドットジェイピー

日刊スポーツ映画大賞

Wikipedia情報

日刊スポーツ映画大賞(にっかんスポーツえいがたいしょう)は、1988年に設立された日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞である。対象は日本で劇場公開された優秀な映画である。受賞者は毎年11月末に発表され授賞式は12月末にホテルニューオータニの宴会場で行われる。 石原裕次郎賞(いしはらゆうじろうしょう)・石原裕次郎新人賞(いしはらゆうじろうしんじんしょう)は、1987年に亡くなった日本を代表する映画スター石原裕次郎の遺志を引き継ぎ、日刊スポーツ映画大賞に併設された賞である。石原プロモーションが運営に全面協力している。その年に最もファンの支持を得たスケールの大きな作品に贈られるのが石原裕次郎賞であり、裕次郎を彷彿とさせる将来性豊かな新人に贈られるのが石原裕次郎新人賞である。賞金はそれぞれ300万円、100万円となっている。 受賞者 監督賞・作品賞・外国作品賞 主演女優賞・主演男優賞・助演女優賞・助演男優賞 新人賞・特別賞・石原裕次郎賞・石原裕次郎新人賞 選考委員 2014年現在(五十音順)。

受賞作一覧

2019

第32回

2018

第31回

2017

第30回

2016

第29回

2015

第28回

2014

第27回

2013

第26回

2012

第25回

2011

第24回

2010

第23回

2009

第22回

2008

第21回

2007

第20回

2006

第19回

2005

第18回

2004

第17回

2003

第16回

2002

第15回

2001

第14回

2000

第13回

1999

第12回

1998

第11回

1997

第10回

1996

第9回

1995

第8回

1994

第7回

1993

第6回

1992

第5回

1991

第4回

1990

第3回

1989

第2回

1988

第1回

関連トピックス

麒麟がアニメ映画、単独活動増加も「週1回は漫才」 - 日刊スポーツ 池松壮亮、中国映画出演で確信した俳優としてのアイデンティティー - 映画.com 一人の記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける 映画「新聞記者」アンコール上映(3/30~ 新潟) - レイバーネット日本 『新聞記者』が選ばれ『宮本から君へ』は選外……なぜ日本アカデミー賞と専門誌の“良い映画の基準”は違うのか - ニコニコニュース 近畿財務局職員・赤木さんの遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が…自殺した官僚の妻を演じた西田尚美が「涙が出ました」(2020年3月22日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース