受賞作ドットジェイピー

北野武

Wikipedia情報

『ビートたけし』より : ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。 東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。 1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。 映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。

受賞作一覧

2017

第42回報知映画賞

第30回日刊スポーツ映画大賞

2013

第22回日本映画批評家大賞

2003

第16回日刊スポーツ映画大賞

1999

第41回ブルーリボン賞

第43回エランドール賞

第8回日本映画批評家大賞

1998

第23回報知映画賞

第11回日刊スポーツ映画大賞

1997

第39回ブルーリボン賞

1996

第9回日刊スポーツ映画大賞

1992

第34回ブルーリボン賞

第36回エランドール賞

1991

第16回報知映画賞

1989

第2回日刊スポーツ映画大賞

関連トピックス

ビートたけしさん、「北野武」で純文学デビュー - 産経ニュース 子どもには、見せるな! 北野武、衝撃の暴力描写――春日太一の木曜邦画劇場 - 文春オンライン 奥山和由氏、北野武監督デビュー作の秘話を明かす - 映画.com ビートたけし、初の「北野武」名義で小説刊行 短篇集「純、文学」 - デイリースポーツ やる気が出ない、挑戦が怖い時に読む ─ 『天才たちの頭の中』監督に聞いた「クリエイティブ」になれる方法 - THE RIVER