受賞作ドットジェイピー

双生児

ふたごと教育画像
ふたごと教育
(ISBN: 9784130530859)
¥2,640
在庫あり
東京大学出版会
東京大学教育学部附属中等教育学校

受賞一覧

2008

第9回SFが読みたい!ベストSF

2004

第34回英国SF協会賞

2003

第17回アーサー・C・クラーク賞

1999

第12回日刊スポーツ映画大賞

Wikipedia情報

双生児(そうせいじ)は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。所謂双子(ふたご)の事であり、多胎児の一種である。多胎児の中では最も件数が多い。受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)と二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)に大別される。 出産の時には数分程度の時間差で産まれることが多いが、中には数時間から数十日の間隔で生まれる場合もある(双子が一度の分娩で生まれるとは限らない)ので、誕生日・誕生年が異なってしまう兄弟姉妹もいる。 また日本では、かつて後から生まれた方を兄または姉、先に生まれた方を弟または妹として扱う慣習があったが、戸籍法上は生まれた順に記載する事となっている。 双子は多くの哺乳類(猫や羊、フェレットなど)で一般的に観察される出生形態の一つであるが、一般に犬猫の一腹の仔は双子等とは呼ばれず、単に兄弟として扱われる。ただし、類人猿(ヒト上科)の多胎妊娠および多胎出産は非常に珍しい。