受賞作ドットジェイピー

第17回アーサー・C・クラーク賞

Wikipedia情報

アーサー・C・クラーク賞 (Arthur C. Clarke Award) は、1987年に発足し、前年にイギリスで出版されたうち最も優れていると審査されたSF長編に与えられる賞。
1987年 『侍女の物語』(”The Handmaid”s Tale”) マーガレット・アトウッド
1988年 『沈みゆく塔』(”Drowning Towers”) ジョージ・ターナー
1989年 『消えない火』(”Unquenchable Fire”) レイチェル・ポラック
1990年 ”The Child Garden” ジェフ・ライマン
1991年 ”Take Back Plenty” コリン・グリーンランド
1992年 ”Synners” パット・キャディガン
1993年 ”Body of Glass” マージ・ピアシー
1994年 『ヴァート』(”Vurt”) ジェフ・ヌーン
1995年 ”Fools” パット・キャディガン
1996年 『フェアリイ・ランド』(”Fairyland”) ポール・J・マコーリイ
1997年 『カルカッタ染色体』(”The Calcutta Chromosome”) アミタヴ・ゴーシ

受賞作一覧

2003

第17回

関連トピックス

FRAY IDが『2001: A Space Odyssey(邦題:2001年宇宙の旅)』とのカプセルコレクションを3月下旬より発売! - 時事通信 世代間で引き裂かれた中国の苦しみ、いまSFが描くもの:『荒潮』陳楸帆が語る、フィクションが現代社会で果たす役割|WIRED.jp - WIRED.jp 仕かけものの小説はおよそ再読がきかないものなのだが、カルペンティエールの文章は繰りかえし玩味したくなる - ニコニコニュース