受賞作ドットジェイピー

アーサー・C・クラーク賞

Wikipedia情報

アーサー・C・クラーク賞 (Arthur C. Clarke Award) は、1987年に発足し、前年にイギリスで出版されたうち最も優れていると審査されたSF長編に与えられる賞。
1987年 『侍女の物語』(”The Handmaid”s Tale”) マーガレット・アトウッド
1988年 『沈みゆく塔』(”Drowning Towers”) ジョージ・ターナー
1989年 『消えない火』(”Unquenchable Fire”) レイチェル・ポラック
1990年 ”The Child Garden” ジェフ・ライマン
1991年 ”Take Back Plenty” コリン・グリーンランド
1992年 ”Synners” パット・キャディガン
1993年 ”Body of Glass” マージ・ピアシー
1994年 『ヴァート』(”Vurt”) ジェフ・ヌーン
1995年 ”Fools” パット・キャディガン
1996年 『フェアリイ・ランド』(”Fairyland”) ポール・J・マコーリイ
1997年 『カルカッタ染色体』(”The Calcutta Chromosome”) アミタヴ・ゴーシ

受賞作一覧

2019

第33回

2018

第32回

2017

第31回

2016

第30回

2015

第29回

2014

第28回

2013

第27回

2012

第26回

2011

第25回

2010

第24回

2009

第23回

2008

第22回

2007

第21回

2006

第20回

2005

第19回

2004

第18回

2003

第17回

2002

第16回

2001

第15回

2000

第14回

1999

第13回

1998

第12回

1997

第11回

1996

第10回

1995

第9回

1994

第8回

1993

第7回

1992

第6回

1991

第5回

1990

第4回

1989

第3回

1988

第2回

1987

第1回

関連トピックス

NHK Eテレ「100分 de 名著」で光文社古典新訳文庫作品が3カ月連続で名著として選出!:時事ドットコム - 時事通信 トピックス(2019年) - EORC