受賞作ドットジェイピー

アーサー・C・クラーク賞

Wikipedia情報

アーサー・C・クラーク賞(アーサー・C・クラークしょう、Arthur C. Clarke Award)は、イギリスにおけるSF小説の文学賞である。「イギリスで最も名誉あるSF賞」と言われる。アーサー・C・クラーク財団賞(Arthur C. Clarke Foundation Awards)とは異なる。 前暦年にイギリスで刊行された英語のSF長編(翻訳を含む。イギリス国内で初刊行であれば、アメリカなど他国で刊行済の作品も対象となる)のうち、最も優れている作品に与えられる。 SF作家アーサー・C・クラークの寄付に基づき、1987年に発足した。受賞者にはブックエンドと賞金が贈られる。賞金額は2000年までは1000ポンドで、2001年以降はその年と同額(2018年は2018ポンド)となっている。 最終候補作6編と受賞作の選出は、英国SF協会をはじめとする3団体から選ばれた人々が構成する選考委員会が行う。候補となる作品は、イギリス国内の出版社が提出するリスト(2016年からは個人出版者による提出も認められた)の中から選ばれる。選考委員と主催団体は、提出してほしい作品を呼びかけることもできる。 第31回(2018年)までに125人の著者がノミネートされ、受賞者は27人いる。複数回受賞者はチャイナ・ミエヴィル(3回)、パット・キャディガンとジェフ・ライマン(2回)の3人。ノミネート回数ではスティーヴン・バクスターとギネス・ジョーンズ(7回)が最多であり、以下ニール・スティーヴンスン、ケン・マクラウド、キム・スタンリー・ロビンソン(6回)が続く。

受賞作一覧

2020

第34回

2019

第33回

2018

第32回

2017

第31回

2016

第30回

2015

第29回

2014

第28回

2013

第27回

2012

第26回

2011

第25回

2010

第24回

2009

第23回

2008

第22回

2007

第21回

2006

第20回

2005

第19回

2004

第18回

2003

第17回

2002

第16回

2001

第15回

2000

第14回

1999

第13回

1998

第12回

1997

第11回

1996

第10回

1995

第9回

1994

第8回

1993

第7回

1992

第6回

1991

第5回

1990

第4回

1989

第3回

1988

第2回

1987

第1回

関連トピックス

直視困難なディストピアでジェンダー問題を理解する!――マーガレット・アトウッド(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 直視困難なディストピアでジェンダー問題を理解する!――マーガレット・アトウッド(2021年10月13日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 「DUNE デューン 砂の惑星」公開記念 大画面で堪能したいSF映画5選 【映画comシネマStyle】 - 映画.com 「Sonny Boy」放送終了記念、監督インタビュー - アキバ総研