受賞作ドットジェイピー

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ画像
クライマーズ・ハイ
(JAN: 4988066226762)
¥4,145
在庫あり
(株)NHKエンタープライズ
佐藤浩市/大森南朋/新井浩文

受賞一覧

2009

第63回毎日映画コンクール

第51回ブルーリボン賞

2008

第33回報知映画賞

第21回日刊スポーツ映画大賞

2004

第1回本屋大賞

Wikipedia情報

『クライマーズ・ハイ』は、横山秀夫による日本の小説。2003年1月、『別册文藝春秋』に掲載され、8月25日に文藝春秋から単行本が刊行された。週刊文春ミステリーベストテン2003年第1位、2004年本屋大賞第2位受賞。 著者が上毛新聞社の記者時代に遭遇した日本航空123便墜落事故を題材としており、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曽有の大事故を取材する新聞記者とそれを取りまとめるデスクの奮闘を描く。現場取材、記事の扱いについてのそれぞれの記者の思い、記事の割り付けといった編集部門のことだけでなく、広告・印刷・配送部門も含めた新聞社全体の仕事の流れも扱っている。「クライマーズ・ハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態のことである。 2006年6月10日には文春文庫版が刊行された。 2005年12月にNHKでテレビドラマ化され、東映・ギャガ・コミュニケーションズの共同配給で映画化され2008年に全国公開された。