受賞作ドットジェイピー

第36回織田作之助賞

Wikipedia情報

織田作之助賞(おださくのすけしょう)は、「織田作之助賞実行委員会」(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社(50音順))が主催する文学賞である。大阪生まれの作家・織田作之助(1913年(大正2年)10月26日 - 1947年(昭和22年)1月10日)の生誕70年を記念して、1983年(昭和58年)に創設された。 第1回(1984年)から第22回(2005年)までは未発表の作品を受け付ける公募新人賞としておこなわれ、受賞作は『関西文学』に掲載された。第15回作品より文藝春秋の協賛があり『文學界』に掲載された。 第23回(2006年)より制度を変更し、単行本を対象とする「大賞」と、公募新人賞としての機能を残した「青春賞」を授賞することとなった。 第31回(2014年)において、「U-18賞」が新設された。 「大賞」は第26回(2009年)までは舞台、登場人物、題材などが関西(近畿2府4県)に関わりのある小説・随筆・評論・評伝の単行本を授賞対象としていた。

受賞作一覧

2019

第36回

関連トピックス

織田作之助賞受賞作読後のもやもやが消えない理由〈トヨザキ社長のヤツザキ文学賞〉(Book Bang) - Yahoo!ニュース 織田作之助青春賞 奨励賞、楊さん「格差や貧困に関心」 慶応女子高で表彰式 /東京 - 毎日新聞 50社不採用、33歳編集未経験で出版社を設立した男の働き方(Book Bang) - Yahoo!ニュース 調布・深大寺を舞台にした短編恋愛小説、公募開始 昨年は362作品(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース 傑作小説「プラネタリウムのふたご」が永田崇人&阿久津仁愛のW主演で音楽劇に!『美しい星空を届けたい』(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース 尾崎世界観(クリープハイプ)推薦! 芥川賞作家・金原ひとみ初の新聞連載小説『クラウドガール』が文庫化 - PR TIMES この冬、舞台版と映画版で楽しむ 太宰治の未完遺作小説「グッド・バイ」から広がる“愛ある世界” - http://spice.eplus.jp/ 書物の愛し方 - ニコニコニュース