受賞作ドットジェイピー

第21回芥川作曲賞

Wikipedia情報

芥川作曲賞(あくたがわさっきょくしょう)は、芥川也寸志を記念して、サントリー音楽財団が1990年4月に創設した賞。日本の新進作曲家の作品のうち、最も「清新かつ将来性に富む」ものを対象に贈られる。 この賞の特徴のひとつに「公開選考」を行う点がある。最終選考は毎年8月下旬にサントリーホールで行われる。候補作品を演奏会形式で紹介した後、ステージ上で3人の選考委員による公開討論が行われ、受賞作品が決まる。受賞者には賞状と賞金50万円が授与される。さらに交響管弦楽曲の新作制作を委嘱され、委嘱作品は財団主催のコンサートで(通常は2年後の同賞最終選考の際に)初演される。 受賞作品一覧 第1回 (1991年) 高橋裕『Symphonic Karma』 第2回 (1992年) 山田泉『一つの素描〜ピアノとオーケストラによる2』 第3回 (1993年) 猿谷紀郎『Fiber of the Breath(息の綾)』 菊池幸夫『ピアノと管弦楽のための“曜変”』 第4回 (1994年) 江村哲二『ヴァイオリン協奏曲第2番「インテクステリア」』 第5回 (1995年) 伊左治直『畸形の天女/七夕』 第6回 (1996年) 権代敦彦『DIESIRAE/LACRIMOSA(怒りの日/嘆きの日)』 第7回 (1997年) 川島素晴『Dual Personality─打楽器独奏と2群のオーケストラのための』 第8回 (1998年) 伊藤弘之『2台のピアノとオーケストラのための〈シーシュポスの神話〉』 第9回 (1999年) 菱沼尚子『REFLEX for piano and orchestra』 第10回 (2000年) 望月京『カメラ・ルシダ』 第11回 (2001年) 原田敬子『響きあう隔たりIII』 第12回 (2002年) 夏田昌和『アストレーション〜オーケストラのための―ジェラール・グリゼイの追憶に―』 第13回 (2003年) 山本裕之『カンティクム・トレムルムII』 第14回 (2004年) 三輪眞弘『村松ギヤ・エンジンによるボレロ』 第15回 (2005年) 斉木由美『アントモフォニーIII』 第16回 (2006年) 糀場富美子『未風化の七つの横顔〜ピアノとオーケストラのために』 第17回 (2007年) 小出稚子『ケサランパサラン』 第18回 (2008年) 法倉雅紀『延喜の祭禮 第二番〜室内オーケストラのための』 第19回 (2009年) 藤倉大『- - - as I am - - -』 第20回 (2010年) 山根明季子『水玉コレクションNo.04 室内オーケストラのための』 第21回 (2011年) 山内雅弘『宙の形象−ピアノとオーケストラのための』 第22回 (2012年) 新井健歩『鬩ぎ合う先に〜オーケストラのための〜』 第23回 (2013年) 酒井健治『ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲』 第24回 (2014年) 鈴木純明『ラ・ロマネスカ2――ペトルッチの遍歴~管弦楽のための』 第25回 (2015年) 坂東祐大『ダミエ&ミスマッチ J.H:S』 関連項目 作曲賞 外部リンク 公式サイト。

受賞作一覧

2011

第21回

関連トピックス

【日本の傑作を名演でCD化】 藤岡幸夫指揮、東京シティ・フィルの初CD完成! かつてない灼熱のサウンドによる名演で伊福部昭のサロメと芥川也寸志の交響曲第1番を高音質CD化! - 朝日新聞 ニコ動で新番組「渡辺宙明先生、語る!」スタート!(7/3、4 開始) - ニコニコニュース