受賞作ドットジェイピー

高峰秀子

Wikipedia情報

高峰 秀子(たかみね ひでこ、1924年3月27日 - 2010年12月28日)は、日本の女優、歌手、エッセイスト。本名は松山 秀子(まつやま ひでこ)、旧姓は平山(ひらやま)。愛称はデコちゃん。 戦前・戦後を通じて日本映画界で活躍した女優の一人。1929年(昭和4年)に松竹蒲田撮影所で子役デビューし、天才子役スターとして活躍。ハリウッドの名子役シャーリー・テンプルとも比較された。その後東宝、新東宝を経てフリーとなる。木下惠介、成瀬巳喜男監督作品に常連出演したほか、小津安二郎、豊田四郎、稲垣浩、五所平之助など日本映画界を彩る巨匠監督の名作に数多く出演した。1979年(昭和54年)に女優を引退し、その後はエッセイストとして活動。主な出演作品に『カルメン故郷に帰る』『二十四の瞳』『浮雲』など。著書に自伝『わたしの渡世日記』など。夫は映画監督の松山善三。 1924年(大正13年)3月27日、北海道函館市に父・平山錦司、母・イソの長女として生まれる。生家は祖父の力松が経営していた「マルヒラ砂場」という蕎麦屋料亭で、力松は他にも「マルヒラ劇場」「マルヒラカフェ」などを経営する土地の実力者だった。

受賞作一覧

2011

第65回毎日映画コンクール

1995

第4回日本映画批評家大賞

1976

第24回日本エッセイスト・クラブ賞

1961

第16回毎日映画コンクール

1957

第12回毎日映画コンクール

1955

第10回毎日映画コンクール

第5回ブルーリボン賞

1954

第9回毎日映画コンクール

関連トピックス

キーワードは“寛容”と“忍耐”。結婚と男女にまつわるダイバーシティ。【花嫁のための本と映画】 - VOGUE JAPAN 男の本音と女のたくましさ [来阪catch] - 大阪日日新聞 - 大阪日日新聞 【Women In Filmmaking :撮る女子! #8 三島有紀子】周囲や世間の意見ではなく、自分自身は何をいいと思うのか? - ELLE