受賞作ドットジェイピー

第45回世界幻想文学大賞

Wikipedia情報

世界幻想文学大賞(せかいげんそうぶんがくたいしょう、World Fantasy Award)は、1975年に創設された、ファンタジー作品を対象としたアメリカ合衆国の文学賞。SFやホラーも視野に入れている。スペキュレイティヴ・フィクションに与えられる賞としては、ヒューゴー賞・ネビュラ賞に並ぶ三大賞のひとつと見なされている。受賞作は、投票形式のヒューゴー賞やネビュラ賞とは異なり、選考委員による選考会形式で決定される。各部門5~6件の最終候補は、2件はその年の世界ファンタジー大会(1975年から年一回開催されている、大規模コンベンションのひとつ)の参加者によって選ばれ、残りは選考委員が選出する。選考委員は比較的少人数(2010年を例にとると5人)で、毎年変わる。 現在、部門は生涯功労賞(Life Achievement)、長編(Novel)、中編(Novella)、短編(Short Fiction)、アンソロジー(Anthology)、短編集(Collection)、画家(Artist)、特別賞・プロ編集者(Special Award - Professional)、特別賞・ファン活動者(Special Award - Non-professional)がある。

受賞作一覧

2019

第45回

関連トピックス

スタジオライフの最高傑作 『死の泉』12年ぶりに再演決定! - ニフティニュース 20代で一生分稼いでセミリタイア 累計800万部の人気作家・本田健が伝授する「夢を叶える習慣」(佐藤智子) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 萩原朔太郎や伊東静雄、李賀のいくつかの詩のフレーズを組み込んだ、鉱物質の色彩感をきらめかせている - ニコニコニュース