受賞作ドットジェイピー

第161回直木賞

Wikipedia情報

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。 かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、現在では中堅作家が主な対象とされていて、ベテランが受賞することが多々ある。 沿革 文藝春秋社社長の菊池寛が友人の直木三十五を記念して1935年に芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設し、以降年2回発表される。 授賞する作品は選考委員の合議によって決定される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。 2016年現在の選考委員は、浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆきの9名(2014年上半期以降)。選考会は、料亭・新喜楽の2階で行われる(芥川賞選考会は1階)。芥川賞と直木賞の受賞者記者会見とその翌月の授賞式は、ともに東京會舘で行われてきたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2019

第161回

関連トピックス

直木賞作家も舌を巻く『十二国記』のスゴさ (2019年12月8日) - エキサイトニュース 直木賞作家の真藤さん、養父で講演 「風太郎作品から影響」 - 産経ニュース 真木よう子、直木賞受賞作「ファーストラヴ」ドラマ化で主演! - シネマトゥデイ 「人間不合格」の直木賞作家はなぜタイで出家したか 『出家への道』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース まるで“ゴミ屋敷” 直木賞作家が断捨離に挑むも…その顛末 - アエラドット 朝日新聞出版 彼女を、妊娠していた技能実習生を、死に追いやったのは誰なのか? 直木賞作家・真藤順丈による現代ミステリ!「ビヘイビア」#5-4 | 真藤順丈「ビヘイビア」 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 「宗教は事実だ」 田中小実昌作品に登場、父・遵聖の説教集刊行 - 毎日新聞 【ぴいぷる】明日の私に吹く風は… 小説家・乾ルカ、非現実的な描写から一転「明日の僕に風が吹く」上梓 - インフォシーク 桜木紫乃さん 在住の江別で初講演 来年2月 北海道新聞 - 47NEWS 奇抜なファッションが印象的だった志茂田景樹 現在、芸能活動をひかえ力を入れていることは (2019年12月8日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 【ハイ檀です!】(180) ラム肉、万歳 - 産経ニュース 読書メーターの年間おすすめ本ランキング『読書メーター オブ・ザ・イヤー』を発表 - 時事通信 【BOOK】歴史には「裏面」にこそドラマがある 「狂乱と熱狂に包まれた昭和の空気感を今に伝えたい」 五木寛之さん『新青春の門第九部漂流篇』 - インフォシーク 黒川博行の初期傑作!なにわの刑事コンビが東京から来たキャリアと衝突しながら爆破事件を追う『海の稜線』 | 「レビュー(本・小説)」 - カドブン 読書家が選んだ2019年ナンバーワンの本は? “読書メーター オブ・ザ・イヤー 2019”、1年間のオススメ本ランキングが発表! - ファミ通.com \99時間限定!999名様にオトクな特典も!/BOOK WALKER 9周年キャンペーン:時事ドットコム - 時事通信 【報知映画賞】石川慶監督、長編2作目で作品賞 映像化至難「蜜蜂と遠雷」プレッシャーに感謝 - インフォシーク 「雨ニモマケズ」の宮沢賢治のイメージはいかにつくられたか (2019年12月1日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース 恩田陸の最新短編集「歩道橋シネマ」書評 不穏さみなぎる怪奇幻想のバラエティ・パック|好書好日 - asahi.com 「第41回ヨコハマ映画祭」日本映画ベスト10が決定 「火口のふたり」が3冠 - ヨコハマ経済新聞 小説家・朝井まかての忘れられない“読者のはがき” - アエラドット 朝日新聞出版 浅田次郎さん、小説を書くのに大事なことは? - 読売新聞