受賞作ドットジェイピー

第163回直木賞

Wikipedia情報

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。 かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、現在では中堅作家が主な対象とされていて、ベテランが受賞することが多々ある。 沿革 文藝春秋社社長の菊池寛が友人の直木三十五を記念して1935年に芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設し、以降年2回発表される。 授賞する作品は選考委員の合議によって決定される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。 2016年現在の選考委員は、浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆきの9名(2014年上半期以降)。選考会は、料亭・新喜楽の2階で行われる(芥川賞選考会は1階)。芥川賞と直木賞の受賞者記者会見とその翌月の授賞式は、ともに東京會舘で行われてきたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞作一覧

2021

第163回

関連トピックス

芥川賞、直木賞を凌駕…「本屋大賞」が絶大に支持される理由 | 富裕層向け資産防衛メディア - 幻冬舎ゴールドオンライン 第163回直木賞受賞 馳星周『少年と犬』が20万部突破 - PR TIMES 第163回芥川賞・直木賞を振り返る 吉田修一さん、宮部みゆきさんが講評|好書好日 - 好書好日 馳星周さん、奇跡の町が生んだ奇跡 直木賞受賞エッセー - 朝日新聞デジタル 受賞作の読み方がわからない…ラジオマン「芥川賞・直木賞」の思い出〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 直木賞と芥川賞の受賞作の特設コーナー 朗月堂書店 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版 - 山梨日日新聞 遠田潤子さん『銀花の蔵』刊行 直木賞候補作 家族と向き合い、進む少女 - 毎日新聞 寄稿:直木賞を受賞して 北海道・浦河で浴びた祝福=馳星周(作家) - 毎日新聞 ルポ:芥川・直木賞 読む側、価値観変化も 選考経過を振り返る - 毎日新聞 馳星周『少年と犬』が売行好調 直木賞受賞で8万部重版:今週の週間総合ランキング(2020年7月28日調べ) - ほんのひきだし 角田光代の心に刻まれた、あの本この本350冊!『物語の海を泳いで』:時事ドットコム - 時事通信 一筆半歩:直木賞作家のふるさと=平山公崇 /北海道 - 毎日新聞 『破局』遠野遥は、文芸界のニュースターだ! 新芥川賞作家を書評家・豊崎由美がメッタ褒め(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ) - Yahoo!ニュース 波瑠主演『ホテルローヤル』ポスタービジュアル|桜木紫乃の直木賞受賞作を映画化 - シネマズby松竹 「鼻血か痛風か」究極の選択も…作家・黒川博行の健康事情〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 【義秀生誕120周年】文士の足跡に光(8月7日)(福島民報) - Yahoo!ニュース 『鬼滅の刃』小説版第3弾が首位!村上春樹新刊や直木賞受賞作『少年と犬』も好調 2020年7月の月間総合ランキング - ほんのひきだし 「honto 月間ランキング2020年7月度」発表! 小説版『鬼滅の刃』が全年代で1位に!(アニメージュプラス) - Yahoo!ニュース 葵わかな『ラプンツェル』題材の朗読ドラマで1人3役「嬉しい」(MusicVoice) - Yahoo!ニュース 犬は歴史上、人が初めて家畜として飼育した動物とか… - 西日本新聞 東京事変2O2O、書き下ろしの新曲「青のID」映画主題歌に決定 - MusicVoice 柚月裕子の世界に魅力的な女性キャラが登場した! 『合理的にあり得ない』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 雀聖・阿佐田哲也が残した“敗戦証明書”「三十をすぎたらみんな対等」〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 葵わかな、朗読ドラマで一人三役に挑戦!現代版「ラプンツェル」を描く切ないストーリー(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース 葵わかなが1人3役に挑戦 「ラプンツェル」題材の朗読ドラマに出演(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース 北川景子「ファーストラヴ」に中村倫也、芳根京子、窪塚洋介! 堤幸彦監督「まさにベストな人選」 - 映画.com 「熱海の発展に」3000万円 熱海市ゆかりの夫婦寄付 - 東京新聞 【マンガ】半沢直樹の「大和田常務」ネコになってもラスボスだった(篠丸 のどか) - 現代ビジネス 葵わかな、朗読ドラマで1人3役!ラプンツェルが今を生きる“リアルプリンセス”に(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース 広末涼子と葵わかなが現代版「眠り姫」「ラプンツェル」を朗読『リアルプリンセス』8・21、28放送 - TV LIFE 「迷子のままで」刊行 天童荒太氏(松山出身)に聞く - 愛媛新聞 「日曜劇場 半沢直樹」第4話あらすじ 半沢の逆襲がスタート!? 勝つのは銀行か、電脳か、半沢か… - iza(イザ!) 水谷豊主演エンターテインメント時代劇『無用庵隠居修行』第4弾、9・22放送:紀伊民報AGARA - 紀伊民報