受賞作ドットジェイピー

マイ・フェア・レディ

マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション画像
マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション
(JAN: 4988113764995)
¥1,320
在庫あり
パラマウント・ジャパン合同会社
オードリー・ヘプバーン/レックス・ハリソン/スタンレー・ハロウェイ/ジョージ・キューカー

受賞一覧

2011

第36回菊田一夫演劇賞

2010

第35回菊田一夫演劇賞

2006

第31回菊田一夫演劇賞

1995

第20回菊田一夫演劇賞

1990

第15回菊田一夫演劇賞

1965

第37回アカデミー賞

第22回ゴールデングローブ賞

Wikipedia情報

『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady) は、1913年のジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』を原作とした、作詞・脚本アラン・ジェイ・ラーナー、作曲フレデリック・ロウによるミュージカル。コックニー訛りの花売り娘イライザ・ドゥーリトルが音声学者のヘンリー・ヒギンズ教授から話し方を学び、レディに仕立て上げられる。皮肉屋で女性に無理解でありながら、ヒギンズ教授はイライザと恋に落ちる。 1956年のブロードウェイ公演は批評の上でも観客動員数でも成功し、ミュージカル作品賞を含むトニー賞6部門を受賞した。当時ブロードウェイ・ミュージカルの最長ロングランを記録し、その後のロンドンのウェスト・エンド公演でもヒットした。ブロードウェイ、ウェスト・エンドの双方でレックス・ハリソンとジュリー・アンドリュースが主演した。数多く再演され、1964年には、オードリー・ヘプバーン主演で映画化もされ、アカデミー作品賞を受賞した。