受賞作ドットジェイピー

大庭みな子

Wikipedia情報

大庭 みな子(おおば みなこ、1930年11月11日 - 2007年5月24日)は日本の小説家。本名・美奈子。東京市出身。 来歴・人物 東京渋谷生れ。海軍軍医の父の転任で、海軍の要地に移り住む。 広島県呉市(呉市二河小学校)、広島県江田島(従道小学校(海軍兵学校内))、愛知県豊川市(豊橋高等女学校(現愛知県立豊橋東高校))、広島県賀茂郡西条町(現東広島市)などで育つ。賀茂高等女学校(現広島県立賀茂高校)在籍時の1945年8月末から原爆投下後の広島市に救援隊として入り、その惨状に強い衝撃を受ける。この時見た被爆地の悲惨な光景が文学的原点となった。終戦後、岩国高等女学校(現山口県立岩国高校)、新潟高等女学校(現新潟県立新潟中央高校)を経て津田塾大学学芸学部英文学科卒業。 夫の赴任先・アラスカで本格的に執筆を始め、1968年、アメリカの市民生活を描いたデビュー作『三匹の蟹』で、群像新人文学賞・芥川賞を受賞した。 1975年『がらくた博物館』で女流文学賞、1982年『寂兮寥兮(かたちもなく)』で谷崎潤一郎賞、1986年『啼く鳥の』で野間文芸賞、1991年評伝『津田梅子』で読売文学賞、2003年『浦安うた日記』で紫式部文学賞受賞。

受賞作一覧

2003

第13回紫式部文学賞

1996

第23回川端康成文学賞

1990

第42回読売文学賞

1989

第16回川端康成文学賞

1986

第39回野間文芸賞

1982

第18回谷崎潤一郎賞

1974

第14回女流文学賞

1968

第59回芥川賞

第11回群像新人文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 『いのち』 瀬戸内寂聴 著 (講談社、1512円) - 西日本新聞 瀬戸内寂聴が「いのち」で描く女性作家との深い交わり - 毎日新聞 12、1月 文章と作家の間 不協和音響く世界を肯定=田中和生 - 毎日新聞 日本文学研究者・助川幸逸郎が読む『いのち』瀬戸内寂聴著 ふさわしい構えでつづる - 産経ニュース 寂聴さんが語るいのち 「死んだら誰にも会いたくない」 - 朝日新聞 瀬戸内寂聴×佐藤愛子、豪華対談が実現! 共にペン一本で同時代を生きた二人が語る、「作家という人生」とは?【「群像」1月号】 - ダ・ヴィンチニュース 寂聴さん、新作小説「いのち」出版 筆競った仲間を回顧 2017/12/1 14:05 - 徳島新聞 【文芸月評】死者を回想 永遠の生 - 読売新聞 瀬戸内寂聴さん 作家たちの「いのち」刻印 最後の長編小説刊行 - 毎日新聞 <米欧回覧と文明開化>第5回~津田梅子と大山捨松 - 読売新聞