受賞作ドットジェイピー

川上弘美

Wikipedia情報

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。 幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』など。 俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。 東京都に生れる。5歳から7歳までをアメリカ合衆国で過ごす。小学3年生のときに1学期間を休む病気にかかり、このときに家で児童文学を読み始めたことから読書家になる。雙葉中学校・高等学校を卒業後、お茶の水女子大学理学部生物学科に入学し、SF研究会に所属、のちの漫画家湯田伸子がメンバーにいた。

受賞作一覧

2015

第66回読売文学賞

2001

第37回谷崎潤一郎賞

2000

第39回女流文学賞

第11回伊藤整文学賞

1999

第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

第9回紫式部文学賞

1996

第115回芥川賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 『森へ行きましょう』川上弘美著 人生は分岐点でできている - 琉球新報 アクシデントに見舞われた私にそっと寄り添ってくれた短編集 - T-SITEニュース 岡崎 武志・評『森へ行きましょう』『京都で考えた』ほか - 毎日新聞 WOWOWドラマはなぜ面白い?3つの要素とおすすめ作品 - All About NEWS 川上弘美さん『神様』 日本文学を変えた「波」 - 毎日新聞 川上弘美さん 「あわい」人間関係表現 短編集『ぼくの死体をよろしくたのむ』 - 毎日新聞 湯川豊・評 『ぼくの死体をよろしくたのむ』=川上弘美・著 - 毎日新聞 心を温めてくれる短編集〜川上弘美『ぼくの死体をよろしくたのむ』 - エキサイトニュース 平野啓一郎氏「文学賞の選考委員は兼任しないほうがいい」 三島賞で文壇に苦言 - ハフィントンポスト 川上弘美の短編小説「カレンダー」宇田敦子の脚色・脚本で朗読劇に - ナタリー