受賞作ドットジェイピー

川上弘美

Wikipedia情報

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。 幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』など。 俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。 東京都に生れる。5歳から7歳までをアメリカ合衆国で過ごす。小学3年生のときに1学期間を休む病気にかかり、このときに家で児童文学を読み始めたことから読書家になる。雙葉中学校・高等学校を卒業後、お茶の水女子大学理学部生物学科に入学し、SF研究会に所属、のちの漫画家湯田伸子がメンバーにいた。

受賞作一覧

2017

第18回SFが読みたい!ベストSF

2016

第44回泉鏡花賞

2015

第66回読売文学賞

2001

第37回谷崎潤一郎賞

2000

第39回女流文学賞

第11回伊藤整文学賞

1999

第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

第9回紫式部文学賞

1996

第115回芥川賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【文藝春秋 目次】芥川賞発表 受賞作全文掲載 高橋弘希「送り火」/清原和博独占手記/両陛下最後の8月15日 - 文春オンライン 美の基準が守るもの - 毎日新聞 どっち派? 川上弘美と小川洋子 - 読売新聞 川上弘美「神様」 日本文学の「地質」を変えた - カナロコ(神奈川新聞) 『猫を拾いに』=川上弘美・著 - 毎日新聞 「危険な読書」を指南する『BRUTUS』に川上弘美、エリイ、水野しず、phaら - CINRA.NET(シンラドットネット) 『森へ行きましょう』 川上弘美著 - 読売新聞 小島ゆかり・評 『森へ行きましょう』=川上弘美・著 - 毎日新聞 未来の人類、揺らぎに共鳴 - asahi.com 本のプロが星座別にレコメン。水瓶座にぴったりの書籍はこれ! - http://voguegirl.jp/