受賞作ドットジェイピー

道尾秀介

Wikipedia情報

道尾 秀介(みちお しゅうすけ、1975年5月19日 - )は、日本の小説家・推理作家。兵庫県芦屋市生まれ、後に千葉県、東京都北区へ引越し、現在は茨城県在住。血液型はO型。玉川大学農学部卒業。道尾はペンネームで、都筑道夫に由来する。秀介は本名である。 作家デビュー前 17歳のときに、当時付き合っていた彼女の影響で小説を読み始める。当時は太宰治と川端康成を好んで読んでいた。テレビ放送された映画『獄門島』をきっかけに横溝正史を読み始める。19歳のときに作家になろうと思い、大学1年で小説を書き始める。 1998年、大学を卒業し住宅機器メーカーに就職する。1999年、「どうして犬は」が『小説現代』の「ショートショートコンテスト」に入選し掲載される。審査員の阿刀田高は「とてもよいできだ」「内容はたわいないが、技術的にはショートショートの合格ラインをみごとにクリアしている」と評した。2002年、「手首から先」で第9回日本ホラー小説大賞短編賞の最終候補作になる。この頃、ホームページ「シロウト作家の訴え」を作り「オグロアラダ」「手首から先」などの自作小説を公開していた。

受賞作一覧

2011

第144回直木賞

2010

第23回山本周五郎賞

第12回大藪春彦賞

2009

第62回日本推理作家協会賞

2007

第7回本格ミステリ大賞

2004

第5回ホラーサスペンス大賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【編集者のおすすめ】『14歳、明日の時間割』鈴木るりか著 読書を愉しむ青春群像小説 - 産経ニュース 【著者に訊け】道尾秀介氏『スケルトン・キー』 - ニフティニュース 道尾秀介×中野信子、同い年ふたりのスペシャル対談!新作『スケルトン・キー』に脳科学者が切り込む! - PR TIMES (プレスリリース) 【『スケルトン・キー』刊行記念対談】道尾秀介×中野信子(脳科学者)〈前編〉心理的なブレーキを外す - カドブン 「新刊ニュース」11月号 2018読書週間アンケート 特別企画「人気著者のオススメ! がもらえる1冊」を掲載 ~総勢94名が回答を寄せた充実の特集~ - ニコニコニュース 道尾作品、最大の衝撃があなたを襲う!最新作『スケルトン・キー』7月27日発売! - PR TIMES (プレスリリース) 芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは - AERA dot. 津田寛治×駒井蓮「名前」ポスター完成 原案者・道尾秀介が主題歌も担当 - エイガドットコム 芥川賞作家・玄侑宗久と直木賞作家・道尾秀介、ジャンルを超えた異例の“タッグ”! - AERA dot. 恐怖も痛みもない? サイコパスという感覚。『スケルトン・キー』 - asahi.com