受賞作ドットジェイピー

道尾秀介

Wikipedia情報

道尾 秀介(みちお しゅうすけ、1975年5月19日 - )は、日本の小説家・推理作家。兵庫県芦屋市生まれ、後に千葉県、東京都北区へ引越し、現在は茨城県在住。血液型はO型。玉川大学農学部卒業。道尾はペンネームで、都筑道夫に由来する。秀介は本名である。 作家デビュー前 17歳のときに、当時付き合っていた彼女の影響で小説を読み始める。当時は太宰治と川端康成を好んで読んでいた。テレビ放送された映画『獄門島』をきっかけに横溝正史を読み始める。19歳のときに作家になろうと思い、大学1年で小説を書き始める。 1998年、大学を卒業し住宅機器メーカーに就職する。1999年、「どうして犬は」が『小説現代』の「ショートショートコンテスト」に入選し掲載される。審査員の阿刀田高は「とてもよいできだ」「内容はたわいないが、技術的にはショートショートの合格ラインをみごとにクリアしている」と評した。2002年、「手首から先」で第9回日本ホラー小説大賞短編賞の最終候補作になる。この頃、ホームページ「シロウト作家の訴え」を作り「オグロアラダ」「手首から先」などの自作小説を公開していた。

受賞作一覧

2011

第144回直木賞

2010

第23回山本周五郎賞

第12回大藪春彦賞

2009

第62回日本推理作家協会賞

2007

第7回本格ミステリ大賞

2004

第5回ホラーサスペンス大賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 蓮という名前の由来、高1での上京 - 映画ナタリー 津田寛治の「グズっぷり」がいい?「名前」初日、駒井蓮は「私にとって大事な宝物」 - 映画ナタリー 【7月4日付】本日発売の単行本リスト - コミックナタリー 転落人生マダオと謎の女子高生、ふたりの心の交流を描く『名前』 - シネマズby松竹 本日発売の電子コミック情報 2018年7月4日 - マンガ新聞 神海英雄が「今夜はナゾトレ」内のミニドラマ「平目木駿」をマンガに - コミックナタリー 透明感あふれる美少女・駒井蓮、初主演作で難役に挑む「最後は何か胸に残るものがありました」(1/4) - ウオーカープラス 映画「名前」主演! 駒井 蓮さんにインタビュー - ORICON NEWS 鈴木京香から戸田菜穂まで「今週の芸能予定表」 - SmartFLASH 悪意のない嘘が…道尾秀介ワールド全開なミステリー『風神の手』 - ananweb